活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

体験会レポート 091206

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

12月6日、本年度最後の活法研究会一日体験会が開催されました。
002


今回も碓井流活法の考え方、そしてその効果に興味がある方々が集まりました。
005


なんと、今回はペインクリニックの医師や治療歴25年の大先輩までも参加されました。(医師は鍼灸の免許も包括しているので、参加することができます)

体験会の模様は、動画にてご報告します。
楽しみにしていてください。


◆体験会の後に、懇親会が行われたのですが、大変面白かったので、お伝えしますね。

懇親会は体験会よりもさらに深い話(ぶっちゃけた)が聞けますので、かなりお勧めです。参加される際には、懇親会も是非!

師匠は常々「活法は活かす法であり、患者さんの症状が改善するならば、鍼灸だってマッサージだってなんでもいい。よくなれば、それもすなわち活法である」と言っています。

そのことについては、医師も大先輩も共通の認識であり、治療の経験を積むと、行き着くところはそこなんですね。「常に、患者さんの方を向いて、症状を改善するために最善の方法をおこなう」

この医師ですが、活法研究会の体験会に参加されること自体、「普通ではない」と思っていましたが、やはり、”異端児”のようであります。
話を伺えば伺うほど、師匠と考え方が類似していることが多く、かなり師匠と意気投合しておりました。

自らを”筋肉党”とおっしゃり、筋肉と痛みの関係などを詳しくお話してくださいました。当然治療においても、筋肉にアプローチすることが多いそうです。

そこで、疑問が。。。
筋肉が原因とした場合、病名は何とつけるのか???
お答え「それが困るんだよ。だから作文を書くしかない」
これには、笑ってしまいました。

活法でも、筋肉を重要視しており、痛みの大半は筋肉の過緊張により引き起こされるものが多いとしています。ですから、導引(筋肉調整術)をはじめ、筋肉に対する手技が多く存在します。

私たちも活法は「筋肉科」と呼んでいます。

このように医師と共通の認識がとれ、時間を共有できたことは、とても有意義でした。録音しておきたいくらいの内容でした。すべてをお伝えできないのが、残念です。

それにしても、その医師に診てもらっている患者さんは、とても幸せですね!

最後にその医師から
「私も色々観てきたけど、これ(活法)は本物だ」とお墨付きをもらい、懇親会は終わりました。。。


また、報告します!









骨盤セミナー臨床報告 その2

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

前回に引き続き、今回も骨盤セミナーに参加された方の臨床報告をお伝えします。

◆東京都 Sさんからの報告です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
20代 女性 サービス業
主訴 左股関節の重だるさ

3年前から左股関節が重く感じる。
ひどい時は、患部を手で叩いたりすることもある。
発症原因は「分からない」との事。

所見
大腰筋の圧痛
SLR(左側) 30度で左大腿後面に痛み(+)

治療
骨盤回し→股関節抜き

治療直後、可動域の改善は見られ、症状の緩和はやや緩和。
翌日、症状が大幅に改善。「今は気にならなくなりました。」との事。
ペインスケールは10→2。(治療前の症状度合を10とする)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

碓井流活法において、骨盤を支えているのは股関節。
ですから、今回のセミナーでも股関節に対するアプローチを加えました。

「骨盤回し」で骨盤の周辺の筋肉の緊張を緩めてからの「股関節抜き」
最高の組み合わせですね!

「翌日、症状が大幅に改善」⇒活法ではよくこのようなことが起きます。
きっと、施術で調整した後に、本人のいいところにおさまるのだと思われます。

また、報告します!

骨盤セミナー臨床報告 その1

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

今日から師走ですね!
あと、一か月頑張っていきましょう!

さて、11月15・16日と「骨盤セミナー」をおこないました。
嬉しいことに、受講された方々からたくさんの臨床報告が届いています。その一部を皆様にご紹介いたします。

まずは、静岡県浜北区で”ハレオ鍼灸院”をやられているデーモン院長(市川一巳さん)からの臨床報告です。このデーモンさん、一見怖そうなんですが、お話をしてみると、とても温かくてホッとする方です。

最近、最新のマシンを手に入れたそうです。今後は活法・鍼灸・テカールセラピーの3本柱で施術を行うとのこと。興味のある方は是非”ハレオ鍼灸院”へ。

2009年11月18日のブログから
119

テカールセラピーを受けに来て頂いた患者さんですが
腰と肩が痛むとの事で、まずは骨盤をチェック!
たいていの方は左右どちらかの動きが悪いもの、
まずは骨盤を調整してからテカールセラピーを施術。
以前は鍼(ハリ)で腕の痺れをとった方ですが今日は
インディバ。15分コースで見事に凝りが無くなり
痺れもなく肩腰共に楽になられました☆
終了してから「そういえば!?」と言うので聞いてみると
「来る前は足の付け根も痛かったけど良くなっちゃった」
との事。そこはインディバじゃなく活法で調整しました♪
恐るべし活法の調整法です。骨盤のバランスを整えたら
痛みまで取れちゃいました=3

インディバは深部加温が出来るので良く腰を温めてあげる
のですが、それでもなかなか足先まで温まりにくいガンコな症状の方も居ます。その方にも活法で骨盤を調整してみたところ。見事に足先が温まってきました。これも感動です!最強の機械でも温まらなかったのに、日本の古武術、しかも手技の方が効き目が出るなんてっ!!今日は驚きの連続でした。

2009年11月30日のブログから
112

8年くらい前から足の付け根の痛みに悩んでいる男性の話です。
時々痛くなるようで、あちこちで治療してもらってるようですが良くならないと。レントゲンを撮ってもらった時は軟骨が擦り減ってるから手術するしかないとドクターにと言われたそうですがまだ手術したくないとの事で来て頂きました。前まで行ってた治療院には最近行ってないそうで、結構痛いようです。これは活法で痛みが取れそうなので調整してみます。

先日のギックリ腰の時のように10分ほどで痛みが取れました♪やはり「あんなに痛かったのに何これ?」と驚いてる様子。「きつねでも飼ってるのか?」とも(^^;過去にやった治療の中でもここまで綺麗に痛みが取れたのは初め
てと言う事でした。施術方法を知っているか否かで、痛みに対する気持ちも変わりますね!? 治らないのか?知らないのか?結果は違ってきます。静岡県で知ってるのはウチだけ?他にも居るかもしれませんが、浜北ではたぶん私だけです。似たような方法はあるかもしれませんがブログを見てる方は得して下さいね。痛みよ!さようならです。

さらに詳しく読みたい方はこちら⇒浜北でハレオの風


このように、活法は「学んで即使える」というのも魅力だと思います。
これからもどんどん使えるものを提供していきます。

活法の輪が全国に広がっています。


記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ