活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

活法臨床レポート 

活法研究会 代表 橋本聖樹です

今日は最高な天気でしたね!
富士山がとても綺麗でした。

先日、とても珍しい病名の患者さんが来られましたので
ご報告いたします。
”リウマチ性多発筋痛症”ってご存知ですか?

リウマチ性多発筋痛症
リウマチという名前が使われていますが、関節リウマチとは違う病気。一般に50歳以上、とくに60歳以上の高齢者に起こる原因不明の病気で、体幹に近い部分の筋肉の痛みやこわばりが主な症状の慢性炎症性の疾患だそうです。

もっと詳しく知りたい方はこちら。
リウマチ性多発筋痛症

◆症状
30代の男性(この年代で発症するのは、珍しいそうです)
主訴は頚の痛みで、自発痛はありません。
頚を前後左右に動かした時に痛みがあります。

◆施術
今回は鍼灸は使わず、活法のみ。
動きの改善を中心に施術をおこないました。

★施術内容
入門セミナー 肩こり編でお伝えしている手技を使いました。
1、(肩回し)5、(肩の凝り抜き)7、(肩井の牽引)そして、頚の牽引をプラス
詳しくはこちら→→→肩こり編

◆結果
前後左右すべての動きに改善がみられました。

施術中、特に気になったのは、施術中に「力を抜いてください」と声掛けをした際に、うまく抜けないときが何度かあったことです。
このように、リラックスがうまくできない方で頚肩に症状がある場合、寝ている間に奥歯を噛みしめてしまっていることが良くあります。

※なぜ、寝ている間に奥歯を噛みしめているとよくないか。

奥歯を長時間噛み続けることにより、頚や肩に過緊張がおきます。これにより、当然筋肉の疲労や炎症を引き起こし、結果的に痛みとしてあらわれることがあります。朝起きて、眼を開けた瞬間に”肩が凝っている”と自覚できる方は、要注意です。

確認したところ、歯の治療の際、仮の詰め物が割れてしまうほど、奥歯を強く噛んでしまうそうです。主訴の原因の一つかもしれません。
ということで、自己調整法のなかのリラックス法をお教えしました。

◆リラックス法
これは、不眠症の方などにオススメです。
やり方は簡単!

寝る前に、自分の寝床を整える

たったこれだけです。
でも、かなり効果があります。試してみてください。


このように、碓井流活法は、病名にとらわれず、動きを分析することに重きをおきます。あらゆる動きに対応するために、多くの手技が存在します。動きを改善することで、結果的に難しい病気が良くなることが多々あります。


また、報告いたします。

体験会その3

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

体験会の報告の続きです。

最高顧問 碓井誠氏による体験会の後は、
群馬にある人気の鍼灸院である養気院 院長 栗原誠氏に臨床報告をしていただきました。
栗原氏と私は、専門学校時代の同級生です。
私が惚れ込んだ活法を最初に伝えた仲間のひとりです。

03


栗原氏は活法と鍼灸との融合を上手におこなっており、患者さんをどんどん増やしています。現在は予約の取れない状態だそうです。

詳しくは栗原氏のブログであるツボ日記をご覧ください。面白い話が、盛りだくさん。


そして、私が活法仕事人と呼んでいる秋澤英樹による自己調整法です。
自分の身体は、自分で調整する。そんな技があるのも活法ならでは。
まずは自分がしっかりと中心をもって、患者さんに接するのが大事ですよね!





体験会その2 動画

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

今回は、体験会での1コマを動画にてご紹介します。

まずはこちらをご覧ください!!!



これは、題名の通り、肘の調整です。
もう少し詳しく言いますと、
とう尺関節の調整を行っています。
また、別名「上腕二頭筋の空気抜き」とも言います。

まず、肘を曲げてもらい、指先が肩に着かないか、
あるいは渋い感じのする方を教えていただきます。
そして、患側に施術を行います。
ご覧の通り、あっという間に、問題が解消してしまいます。

私は、ボディービルダーの患者さんで

”トレーニングの後に肘が曲がらない”

という方に行いました。

効果は絶大ですよ。

スポーツ選手には特にオススメです。





記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ