活法研究会 代表 橋本聖樹です。

最近、セミナーの準備などで、ブログの更新がおろそかになっておりました。
今日からまた、活法の素晴らしさをお伝えしていきます。
まずは、先週に開催しましたセミナーについて、ご報告いたします。


活法研究会として、初めてのセミナーでした。
設立して間もない会にも関わらず、南は鹿児島、北は福島から参加してくださいました。心から感謝しています。
参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。


入門腰痛セミナー01

まずは、初日から。
受付を済ました後、午前中は私(橋本)から碓井流活法の概念および世界観についてお話させていただきました。
さまざまな角度から人間を考察すること。
一つ一つの手技にしっかりとした概念があること。
治療における注意点などなど、お伝えさせていただきました。
また、気についても一部ではありますが、言及しました。

活法も鍼灸も東洋医学、共通している部分はたくさんあります。
特に、陰陽の概念がある鍼灸師にとってはとてもなじみやすいと思います。


入門腰痛セミナー02

お昼休みをはさんで、実技タイムです。
活法研究会 黄金の腰痛パターン。
最高顧問であります碓井誠先生が考案したものです。
これを知っていれば、ほとんどの腰痛に対応ができます。
しかも、効果は抜群!!!

皆さん、慣れない言葉の誘導や手技に苦労しつつも、
真剣に取り組んでいました。
真剣さに触発され、私どもの指導にも熱が入りました。

そして、セミナー終了後は、碓井誠先生を囲んだ食事会。
中華屋さんから喫茶店へと場所を移して、
活法の話で盛り上がりました。
さまざまな鍼灸師が一つのもの(活法)を共有し、
親交を深めていく。
最高なひとときでした。


二日目へ続く。。。