活法研究会 代表 橋本聖樹です。

活法研究会 骨盤セミナー開催からあっという間に一週間がたってしまいました。遅ればせながら、セミナーの報告をさせていただきます。

今回も北は岩手県、そして南は鹿児島県からたくさんの方にお越しいただきました。本当にありがとうございます。とても感謝しています。
017

私の治療院にも北海道から来られる患者さんがいます。
でも、本来は近くに同じ施術が受けられれば、最高ですよね!
私はいつも「だれか紹介できる仲間がいれば。。。」と思っていました。
その夢が、少しずつ実現しようとしています。
これから楽しみです!!!

今回のメンバーは活法研究会の入門セミナーを腰痛編、肩こり編と続けて受けられている方々と新しく参加された方々でおこないました。

続けて受けられている方々はさすが3回目、かなり身体の使い方や間合いなどがよくなっていました。また、新しい方々へのアドバイスもしっかりと的を得ていてとても感心しました。

あたらしい方々も”元プロボクサー”がいたりと、楽しい方々が集まりました。

◆骨盤の観方

※碓井流活法では、人間を二本足で立っている建物として捉え、上から重力を受けて立っている状態で判断します。

そのため、骨盤は身体の「中心」であると同時に「土台」とも考えられます。
当然、「土台」の下には「基礎」があります。「基礎」は足元になります。

そして、その「骨盤」をしっかりと支えているのが、最大関節である「股関節」です。この「股関節」がとても重要な役割をもっています。

今回は、「骨盤」にフォーカスを絞り、「活法的骨盤の調整」と「股関節の調整」も内容に含めました。

◆骨盤回し
119

これ、穏やかで最高の骨盤調整です。今回のセミナーのメインの手技です。
女性にも簡単にできちゃいます。しかも、効果抜群!!

◆股関節抜き
112

股関節の痛みには、これ。とにかく、即効性があります。

などなど、活法研究会ではすぐに使える手技をどんどん提供していきます!
楽しみにしていてください。

次回は、受講された方々の”臨床報告”をお知らせします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。