活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

2009年08月

入門セミナー 腰痛編 その2

法研究会代表の橋本です。

みなさん、お盆休みはいかが過ごされましたか?
私は田舎である福島県いわき市に帰省してきました。
旬であるサンマとカツオの刺身に感動しました。
いわきは魚がうまいんです。
機会があったら、是非行ってみてください!

さて、入門セミナー 腰痛編 2日目をご報告します。
セミナー開始は午前9時からでしたが、みなさん、なんと9時前からきて前日の復習をされていました。その熱意に感激!!!
入門腰痛セミナー03


初日は、腰痛の7~8割を占める骨盤系の黄金パターンを行いました。
2日目は、それにプラスして腰椎系の手技と少し残った時に用いるダメ押しの手技を行いました。ダメ押しとはいえ、これだけでもかなりの効果があるんです!
たった7手ですが、ほとんどの腰痛に対応することができます。

それからは、”習うより慣れろ”とにかく復習を行いました。
後半は、かなり細かい部分までコーチさせていただきました。
私たちも以前、同じようなところで悩んでいたので、黙ってはいられなくなってしまうんです。
P8032778_edited-1

そして、修了式。
活法研究会 最高顧問である碓井誠先生より、皆さんに修了証が渡されました。
みなさま、2日間お疲れさまでした。
後は、現場で試して結果をどんどん出しちゃってください。

次回は、受講した方々の声をお伝えします!!

入門セミナー 腰痛編 その1

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

最近、セミナーの準備などで、ブログの更新がおろそかになっておりました。
今日からまた、活法の素晴らしさをお伝えしていきます。
まずは、先週に開催しましたセミナーについて、ご報告いたします。


活法研究会として、初めてのセミナーでした。
設立して間もない会にも関わらず、南は鹿児島、北は福島から参加してくださいました。心から感謝しています。
参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。


入門腰痛セミナー01

まずは、初日から。
受付を済ました後、午前中は私(橋本)から碓井流活法の概念および世界観についてお話させていただきました。
さまざまな角度から人間を考察すること。
一つ一つの手技にしっかりとした概念があること。
治療における注意点などなど、お伝えさせていただきました。
また、気についても一部ではありますが、言及しました。

活法も鍼灸も東洋医学、共通している部分はたくさんあります。
特に、陰陽の概念がある鍼灸師にとってはとてもなじみやすいと思います。


入門腰痛セミナー02

お昼休みをはさんで、実技タイムです。
活法研究会 黄金の腰痛パターン。
最高顧問であります碓井誠先生が考案したものです。
これを知っていれば、ほとんどの腰痛に対応ができます。
しかも、効果は抜群!!!

皆さん、慣れない言葉の誘導や手技に苦労しつつも、
真剣に取り組んでいました。
真剣さに触発され、私どもの指導にも熱が入りました。

そして、セミナー終了後は、碓井誠先生を囲んだ食事会。
中華屋さんから喫茶店へと場所を移して、
活法の話で盛り上がりました。
さまざまな鍼灸師が一つのもの(活法)を共有し、
親交を深めていく。
最高なひとときでした。


二日目へ続く。。。
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ