いつもありがとうございます。
活法研究会 橋本聖樹です。


桜、満開ですね! お花見されましたか?
私は先日、セミナーのお昼休みに目黒川の周辺で楽しませていただきました。


さて、今日は『習得の近道』について。

何かを学ぼうとするとき、一から学ばなくてはいけないと思いがちです。

かつての、わたしもそうでした。

むしろ「一から学ばないとためだ」と思っていました。


しかし、鍼灸の師匠(中医師)にこんなことを言われました。

わたし:「中医学を、一から学ぶにはどうすればいいですか?」

師匠:「一からすべてを学ぶなら、トラック何十台分の書物を読まなければいけません。せっかく、完成されたものがあるのですから、あなたはそれを学べばいい」

この言葉に、とても納得してしまいました。
基礎を学ぶなということではありません。完成されたものの基礎から学べばいいのです。

それからは、素晴らしいものを探すことをすることにしました。それで、『碓井流活法』に出会いました。


『碓井流活法』も同じです。
今のかたちになるまでに、師匠が必要のないものをそぎ落としてくれています。

われわれは、それをただ学べばいいのです。
こんなありがたいことはありません。


あなたの周りにも、素晴らしいものがたくさんあると思います。まずは、それを学び、自分のスタイルをつくることが


『習得の近道』かもしれません。


ありがとうございます。