活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

2010年05月

『活法フェスタ2010』その3

いつもありがとうございます
活法研究会 橋本聖樹です。

今回は、副代表栗原の実技についてお伝えします!
134


栗原は群馬県で養気院の院長もしており、逆子の治療をはじめ、妊婦ケアに対して多くの経験を持っています。
今回、妊婦ケアを対象にしたのも、副代表の思い入れが強くありました。

◆妊婦さんの腰痛について
ポイントは梨状筋

テストは3つ
1、仰向けになれるかどうか?
2、腰を上げれるかどうか?
3、回旋できるかどうか?

これらに梨状筋が深く関係しています。
この梨状筋が腹部の張りにも関係があります。

また、膝の裏の拘縮と腹部のはり、腰部の緊張も関係があります。
104
膝裏の拘縮を改善する活法

そして、忘れてはならないのが大腰筋
大腰筋は、妊婦さんばかりでなく、慢性の腰痛にもかなり効果的です!

副代表の経験では、これを緩めるだけでもおなかの赤ちゃんが動くそうです!
107
大腰筋の触診

114
大腰筋に対する活法

梨状筋や大腰筋の緊張を改善することで、かなりの腰痛を改善することができます。


他にも妊婦ケアの現場で使える活法があり、それらすべて実証済みです。

このように、活法の手技の中には
安全で、無理なく、効果的なもの”がたくさんあります。

これらを習得し、応用するのはあなた次第です。
可能性は、、、無限大です。

副代表も、「もっと伝えたいことがたくさんある」ということなので、またの機会をつくろうとおもいます。

その時に、またお会いしましょう。

ありがとうございました。

『活法フェスタ2010』その2

いつもありがとうございます。
活法研究会 橋本聖樹です。

前回の続きをお伝えします!

碓井師匠の活法実技の後は、パネルディスカションをおこないました。

ご協力いただいた方々は、鍼灸師、助産師、活法と鍼灸を融合して施術をおこなっている副代表の4名でおこないました。
078

それぞれの立場で、『妊婦ケア』についてお話いただきました。

特に興味深かった内容は、助産の現場での悩みは何なのか?
また、鍼灸や活法がどのようにかかわることができるのか?
というところです。

<助産の現場での悩み>
腰痛・肩こり・腹部の張り・産後のむくみ・母乳関連(分泌過多など)・逆子・陣痛促進 etc

083


お聞きしてみると、それらほとんどの症状に活法や鍼灸が適応できるのにもかかわらず、助産師さんの認知度はありませんでした。(活法は当然ですが)

聞くところによると、日本の全人口で鍼灸治療を受けたことがある方は、わずか約7% 活法は数字にあらわすことができないとおもいます(笑) 医療業界にいる助産師さんの認知度が低いのも当然ですね!

これらのお話から、色々な課題が見えてきます。
まず、『妊婦ケア』に対して、鍼灸師が貢献できるということをどんどんアピールする必要があります。

ただ、『妊婦ケア』には、当然リスクも伴います。
そのため、安全で効果の高い技術を習得する必要もあります。

このあたりの課題がクリアできれば、妊婦ケアという領域で助産師さんと共存共栄ができますね。 


安産のお手伝いや産後のケアができる、素敵なことですね。


次回は、副代表の実技についてお伝えします!


ありがとうございました!



『活法フェスタ2010』 その1

いつもありがとうございます。
活法研究会 橋本聖樹です。

『活法フェスタ2010』を開催しました。
138
たくさん集まってくれて、感謝感激です

003
はじまりはいつもこんなかんじ!

日本全国から鍼灸師をはじめ、助産師、整体師など40名以上の方々が集まりました。参加された皆様、本当にありがとうございました。

今回は、“活法で広がる妊婦ケア”という内容でおこないました。

まずは、碓井流活法の紹介です。今回は、名人(碓井師匠)の技をたくさん体験していただきました。
017
ヘルニア入れです(腰痛に効果的)

021
これは透しという技です(腰痛に効果的)

033
つわりに対する活法

061
指先の緊張の緩和および手首の調整

067
最高の骨盤調整!

こんな声をいただきました。
▽「活法の切れ味にビックリしました」
▽「あれだけのことしか、外からみていればしていないのに効果があらわれていたのですばらしいと感じました」
▽「数分の施術で違いが出ることに驚きました」

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

次回に続く。。。



記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ