いつもありがとうございます。
活法研究会 橋本聖樹です。

久々の更新です。
サッカー、日本勝ちましたね!
とっても心地よい寝不足ですね。

さて、先日6月20日・21日と第2回目となる入門セミナー骨盤編を開催しました。
骨盤20100620集合


今回も、福岡、佐賀、広島など遠方からたくさん参加してくださいました。本当にありがとうございます。

また、今回は再受講の方もおられました。

活法研究会では、会員制を導入しております。
会員の方は、格安の料金で何度でも受講することができます。詳しくはこちら

再受講することで、手技の完成度を上げることができます。是非ご活用くださいね!

001
骨盤の高低差を確認中!

骨盤は身体の中心であり、身体の上では土台となります。その土台を支えているのが、股関節となります。
そのため、骨盤を調整するうえで、股関節は切り離して考えることはできません。

002
股関節の調整

骨盤編では、骨盤の調整はもちろん、股関節痛に有効な手技もお伝えしています。実際、私は臨床でこれらの手技しか使っていません。効果絶大!

112
股関節抜き

今回、参加者の中に、たまたま術後で股関節に可動制限がある方がおられました。参加者同士で練習している間に、どんどん可動域が広がっていきました。

われわれ講師が調整したわけではありません。これには、ご本人もびっくりしていました。

このように、活法はすぐに効果を出すことができます。
そして、活法の股関節の調整は、術後や人工骨頭などの方にもおこなうことができるのです。

004
皆さん真剣です

骨盤および股関節の調整に興味のある方は、是非次回の骨盤編に参加してくださいね!次回は、秋ぐらいの開催になります(ちょっとさきですね、スミマセン)


ところで、最近つよく感じることがあります。

それは、、、

活法研究会のセミナーに参加してくださる方々は、とっても明るいということです。

「なんだそんなこと!?」と思うかもしれませんが、

以前、健康フェアみたいなイベントで、一般の方にアンケートをとったことがあるんです。

そのときの回答はこんな感じでした!

鍼灸師のイメージは。。。

1、暗い(陰気くさい)
2、おじいちゃん先生
3、怖い(なにをされるか)

などなど、悲しいものでした。

活法研究会に参加されている方々をみていると、これからの鍼灸業界の未来はとても明るいと感じます。

サムライジャパンのごとく、一緒に鍼灸業界を盛り上げていきましょう!

ありがとうございました。

活法研究会 橋本聖樹