副代表の栗原です。

昨年の整体セミナーは「肩こり編」で終わりました。

活法研究会_整体入門セミナー肩こり編(2015年12月20日〜21日)
2015年12月20日(日)〜21日(月)



しつこい肩こり、どうすれば治るのでしょうか。
活法では、肩甲骨の位置を重視しています。

「肩甲骨がどこに位置しているのか」ではなく、「肩甲骨がどこに居たがっているのか」を重視します。脳が正しいと思っている骨の位置がズレているために、それを補正しようと筋肉に負担がかかっているのです。これを言葉だけで説明するのは難しいので、次のイラストを用意しました。

活法と肩こり


体には、位置感覚があります。手がどこにあって足がどこにあるのか分かりますよね。だから、手と足を間違えることはないですよね。これは極端な例ですが、位置感覚のズレはあちこちで起こってしまいます。自分が思っているところよりも、頭が前に出ていたり、手を真っ直ぐに挙げたつもりでも少し斜めだったり…。

ミクロな視点でみれば、脳が認識している位置と実際の位置にはズレがあります。それが支障のない範囲であれば健康的で不自由がありません。

骨は本来の位置にあるのが最も動きやすいので、 実際の位置がズレていなくも位置認識がズレていれば動きに鈍さが出ます。そうなると、今度は動きの中で正しい位置を探そうとします。筋肉が収縮して「こっちじゃないの?」と関節として動きやすい方向に戻そうとします。この筋肉の働きは無駄なものです。

この無駄な働きは筋肉の過緊張を生み出します。この感覚が「コリ感」です。

いわゆる「位置認識のズレ」から発生する「コリ感」や、実際に触れて感じる過緊張は、その筋肉を揉んでも解消されません。逆に言えば、揉んで解決できてしまうコリは、単純な筋肉疲労と言えます。

実際に位置認識を正常化させるためには、次のような技法を使います。写真でお見せすると、ただ肩甲骨を圧迫しているようにしか見えませんが、肩甲骨を“良い位置”に固定しながら患者役は肩甲骨と腕を動かしています。


DSCF7529_400


意図的に「寄せる」「上げる」という方向に位置を決めて固定いるのですが、これを強引に行うと相手の体に拒絶されてしまいます。ただ力と力がぶつかるだけで調整になりません。しっかりと固定しつつも、ふんわりと接するところに技術のポイントがあります。実は、術者がふんわりと固定すればするほど、患者役は肩甲骨が動きにくいという不思議な現象が起こります。

活法でいうところの「固定」は、「動かさない」という意味ではなく、その本質は「動きの中心を作る」という行為なのです。活法の肩こり治療を専門的に言えば、「動きの中での中心認識のズレ」を調整して、コリを解消させるものです。

このように活法の肩こり治療には理論的な背景があります。理論はこれだけではありません。骨盤との連動や上肢との連動を一緒に整えることも重要です。その話はまたの機会に。

次回の整体セミナーは「骨盤編」です(2月14〜15日)。
骨盤の動きを整えるセミナーで、幅広く応用できる内容です。

活法研究会_整体入門骨盤編のセミナーの様子(2015年8月9日)



■セミナーの日程のご案内

2月14日(日)〜15日(月) 活法整体入門☆骨盤編
2月21日(日) 1日体験会(上半身編)
2月28日(日) 1日体験会(下半身編)
3月6日(日) 1日体験会<柔整師・整体師対象>