いつもありがとうございます。
代表の橋本です。

先日の活法整体セミナーでのことです。

持ち方ひとつ、場所ひとつ

「全然効果が変わりますね!」

こんなことを言われました。

DSCF5263


セミナーでは新しい手技を学ぶため、
はじめからベストポジションを取ることは
非常に難しいです。

そのため、講師陣は、練習中の姿をみて、

「もう少し、近づいたらどうですか?」

「もう少し、離れたらどうですか?」

「もう少し、末端を持ったらどうですか?」

などなど、細かいアドバイスをします。

技術を習得するコツは、
まず、講師のポジションを真似することです。

当会の講師陣は基本3名。

それぞれ、体格が異なります。

まず、自分と似ている講師を真似ることをオススメします。

具体的には、

○患者さんとの距離感(場所)

○手技をする上での、持ち方


講師がとるポジションや持ち方には、
それぞれ意味があります。

それは、経験的にやり易く効果が高いということです。

術者がやり易いということは、
患者さんも受けやすいということになります。

DVD動画でもそうですが、
まずは、真似してみてください。

それが、一番のコツとなります。

活法研究会監修のDVD第3弾
「活法のワザ 下半身厳選七手」
が10月27日(木)に発売となります。

アマゾンにて先行予約販売(割引あり)も行われています。
発売日を超えると割引率が悪くなるので、お早目にご予約ください。



今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

次回の「活レポ」もお楽しみに!


<セミナー情報>
活法1日体験会 11月6日(日) 募集中
1日体験会☆上半身編 柔道整復師の方も同時募集しています。

活法研究会オフィシャルサイト http://kappolabo.jp/
活法研究会FBページ https://www.facebook.com/kappolabo