副代表の栗原です。

2月19日(日)のセミナーは、技術顧問である碓井誠先生を迎えました。碓井流活法の創始者のワザを見たい、体験したい、という方が全国から集まりました。

一手で改善、幻の古武術整体 即効! これが活法(かっぽう)だ [DVD]


このセミナーは私にとっても大きな意味がありました。なぜなら、碓井先生のワザを見て、体験して、鍼灸師としての生き方が大きく変わったからです。碓井流の体験なくして、今の私はありません。

DVD発売記念 厳選21手完全マスター講座の様子(2017年2月19日)



■活法にあって鍼灸にないもの

活法に、鍼灸にないものを感じました。それは鍼灸が抱える大きな問題を浮き上がらせました。それまで鍼灸専門でやってきた私が活法に熱中したのは、その問題を解決できると思ったからです。しかし、鍼灸理論に活法のワザを当てはめてみても理解できませんでした。生まれも育ちも違うものが、いきなり溶け合うことはありません。

まず、活法は活法として理解し、とことん実践する。活法を使う時は、頭のてっぺんから足の先まで活法でなければならないのです。そうすることで、活法がだんだんわかってきます。

施術はもっと単純に考えてもいいんだ、と思えるようになってきました。それまでの私は鍼灸理論を難しいものだと思っていましたし、難しいことをやっていることに酔っていた気がします。簡単なことをわざわざ難しくしていたのです。本当に大事なのは、難しいことを簡単にすることです。

活法がまさにそれなのです。
鍼灸が見習うべきところは、単純化です。

単純化とは、理論を廃止することはでありません。理論をシンプルにしていくことです。ツボの使い方をシンプルにすることです。症状とツボの関係を明瞭にすることです。そうすると、難しい症状が簡単になっていったのです。

碓井誠の活法(座づくり)



■師のワザ

私が驚愕したのは、師であり会の技術顧問である碓井誠先生のワザです。初めて見て体験したのは10年ほど前です。その時のインパクトは忘れられません。

同じ体験をしてほしくて企画したのが、先日のセミナー「DVD発売記念 厳選21手完全マスター講座」でした。碓井流の濃い施術を受けてほしかったのです。そこで必ず何かを感じると思っていました。それが私と同じでなくてもよいのです。

私が注目したのは、空間の使い方です。患者(役)との間合いの取り方が鍼灸師とは全く違います。鍼灸の常識では、患者さんは寝て鍼や灸をされるのを待っています。動いていることはありません。しかし、活法は違います。動いている相手に仕掛けたり、仕掛けながら動かしたりします。

活法が相手にしているのは、運動している人体です。

鍼灸にも、鍼をしたまま動いてもらう「運動鍼」と呼ばれているものがあります。でも、これは鍼をしてから動くので、「鍼+運動」です。運動している人体を対象にしているとは言えません。

空間認識は、簡単にマネできません。ソムリエの味認識を簡単に真似できないのと同じです。卓越した空間認識力は、相手にワザをかけるのに最適なポジションにスッと入っていけます。入ってからの微調整も必要ありません。

DVDの撮影にはリハーサルはありませんでした。にも関わらず、師の立ち位置や座り位置は「そこしかない!」というところに迷わず入ります。DVDを購入された方は、そこに注目してもう一度観て頂きたいです。

慣れた弟子(撮影では私が受け手)が相手だからだろう、と思われるかもしれませんが、第三弾のDVDの受け手は、師の施術を受けるのが初でした。撮れた映像を見て本当に驚きました。

そもそも、活法は柔術の裏技です。

間合い次第で有利にも不利にもなります。鍼灸でも、施術しやすい距離感はありますが、相手が止まっているので、自分が動きやすい距離なのです。

活法では、相手も動きます。動く相手との絶妙な距離感。時と場合によって変化するので物差しで測れるものではありません。相手の空間を認識し、相手の動きを読む能力がなければ、最適な間合いを取ることはできません。

碓井誠の活法(腕枕)



■術者に操られるという不思議な感覚

活法にあって鍼灸にないものは他にもあります。それは術者に操られるという感覚です。とても不思議な感覚です。

術者に動きを誘導されているうちに、自然体になっていきます。誘導されるのは肉体だけではありません。意識まで誘導されています。むしろ、意識の誘導の方が本質に近いと考えています。

「誘導」は、相手の動きの選択肢をさりげなくとってしまうことです。だから迷わず動けます。とても面白いロジックです。

たとえば、マジシャンは観客が自分の視線と同じ方向を追うことを知っています。それを利用して死角を作りタネを仕込みます。活法でも、同じことを利用します。術者の視線だけで相手の視線も姿勢も変わります。

活法は心理学的に理に適っていることをやっています。当然と言えば当然です。活法は武術の裏技として生み出されたワザだからです。肉体の動きを知り尽くした武術家がいて、駆け引きを知り尽くした武術家がいたのです。活法は究極の心理術とも言えます。

「良くなっているのは心理的に生じる錯覚だ」と(批判っぽく)言われることもある活法。むしろ、それは本質をついているのです。錯覚をも巧みに利用してしまうのが活法。不思議な体験ができるのは当然です。もちろん、体の使い方にも長けていることが前提です。

だから、活法の名人がスゴくないはずがないのです。

碓井誠の活法(綱引き)


■もっと魅力を知りたい時におすすめな記事(外部)

◎「人生の幸せは達人に学べ!!」(活法研究会会員 谷地先生のブログ)
◎「コツと技術〜活法と合気道」(活法研究会会員 小松田先生のブログ)


■求人情報(鍼灸師2名)
活法に興味のある鍼灸師を募集しています。
詳しくはこちら≫採用情報

◎関連施設
養気院(群馬県伊勢崎市)
カポス(東京都港区/品川駅)

鍼灸師採用情報大