活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

ひとりごと

第三弾が出る前にDVD出版の裏側をお話します

副代表の栗原です。
今回は私たちが監修して出版したDVDの話です。


■DVDだけで手技療法がマスターできるのか

おかげさまで、活法研究会監修のDVD(BABジャパン)は第一弾、第二弾、共にヒットしています。第二弾は発売直後はカテゴリランキング3位につけるという、信じられない売れ方をしました。

DVD>即効!これが活法だ 一手で改善、幻の古武術整体 ()
碓井誠 活法研究会
4862209599


見れば出来る、古武術整体 【効果実感! 活法のワザ】 〜上半身の厳選七手〜 [DVD]
B01H6XWMKE


出版しておきながら言うのもアレですが、手技療法を映像(DVD)で学ぶのは難しいです。実はBABジャパンさんからお話を頂く前から出版の話はいくつかあったのですが、すべて断ってきました。

技術習得は手から手に伝える、というのが設立当初から現在まで変わらぬ活法研究会の方針です。手技療法をDVDで学ぶには限界があります。そこを考慮して、第一弾は中途半端に実用性を考慮することをやめ、「活法とは何か」を説明することを徹しました。最初だからこそ、活法らしさにこだわりました。活法らしいとはどういうことか。それは、映像から感じて頂くことなので説明はいたしません。

でもですね、実用性ゼロのDVDというわけではありません!

既に活法のイロハを学んでいる方であれば、映像をヒントにワザを完成させることができるかもしれません。はじめての人は「へ〜、活法にはこんなワザがあるんだ〜」で終わってしまうかもしれませんが、活法が、マッサージでもなく指圧でもあん摩でもないことが伝わるだけで目的の半分は達成です。欲を言えば、武術っぽさを感じてほしいです。

スポーツにしても武術にしても、反復練習の中からコツや本質をつかむものです。「できた」と思う勘違いは頻繁に起こります。私にも何度も起こりました。

手技療法には技術を公平にジャッジできないので、マネ上手だと自分を天才だと勘違いしてしまうので要注意です(笑)



■DVDとセミナーの役割分担

第二弾は「見れば真似できる」をテーマにしました。見ただけで本質をつかめるほど活法は甘くありませんが、いっぽうで真似さえできれば、それなりの成果が得られる手技も存在しています。そんな手技を厳選して実用的な映像に仕上げました。観ていただけると気づくと思いますが、私が受け手を演じています。

おそらく、反応が大げさに感じると思います。わざとです。実際に症状がないので、この手技を受けた時のリアクション(変化)を私なりに再現してみました。打ち合わせではほどよい加減だと思っていたら、ちょっとやり過ぎだったようです。リアルな臨床の現場に入って撮影するわけにもいかないので、臨場感が欠けることが、映像(DVD)の限界の一つと言えます。

賛否両論あるところですが、活法のワザを安価で紹介し、臨床のヒントを提供している点には自信を持っています。ヒントだけでは物足りない方にはセミナーで細かなコツや力加減などお伝えし、練習場の場を設けています。

DSCF3270_400




■DVDの見所 「シルエット」と「位置取り」

古武術の裏技として位置づけられている活法。数ある整体術の中でも、その所作や姿勢の美しさは際立っています。もちろん、術者によります。上手ければ、姿勢が良く見え、動きがシンプルになります。上手な施術を見るほど簡単そうに見えます。

「これなら、すぐにできるんじゃないか」

と錯覚します。

もちろん、誰でもそれなりに真似できます。でも、自分の施術を撮影して観ても、同じシルエットにはなっていないものです。体格の違いがあるので全く同じになることはありませんが、技の完成度が上がってくると自然とシルエットが似てきます。武術やスポーツにも言えることだと思います。

シルエットには体の使い方が反映されています。頭では分析できなくても、違いは感覚が察知するものです。

位置取りにも注目してください。施術の中で立ち位置や座り位置を変える場面があります。碓井顧問は一発で最適な位置に移動することができます。活法に慣れ親しんでいる者でも一発で位置取りするのは難しいものです。

位置取りを簡単に決められると、見ている方は簡単にできると錯覚するから不思議です。どんな手順で行うのかも大事ですが、この不思議な感覚に付き合っていただけると嬉しいです。

DSCF2213_400




■DVD収録秘話(1) 「出版計画」

どこまで書いてよいものかわかりませんのが、「大丈夫だろう」という範囲で書きます。

収録はぶっつけ本番で行うわけではありません。事前に緻密な打ち合わせがあります。コンセプトを決め、技を選出しておきます。ここを間違えると後が全部おかしくなるので、慎重に丁寧に行います。第一弾から今回の第三弾まで全てコンセプトが違います。

DSCF2251_400


実は、第一弾を作る時から第三弾までの構想がありました。あくまでも構想です。第一弾が売れなければそこで終了です。第一弾にすべてを注ぎこんでしまうと、第二弾はパワーダウンします。だからといって、第一弾で出し惜しみをすると魅力が伝えられません。

「せっかく作るなら第三弾まで作りたい」という意向をBABジャパンの担当者に伝えるだけ伝え、売れ行きに身を任せることにしたのです。結果は大ヒット。何と比べるかという話になりますが、目標数を大きく上回る売れ行きを記録したのです。

そして、プレッシャーのかかる第二弾。

打ち合わせは、さらに熱が入りました。第一弾を越える魅力をどう出していくのか、私も脳みそを絞りました。打ち合わせで大きな時間を占めたのは、技術解説です。言葉選びに徹底的にこだわり、第一弾を越える詳しさ、わかりやすさを目指したのです。

DSCF3237_400



そもそも、活法は口伝です。

文字情報はそれほど多くありません。だから教材にしようと思えば、感覚で受け継いだものまで言語化する必要があります。日頃のセミナーで使うテキストも、だいぶ言語化されていますが、身振り手振りでニュアンスを作れるため甘さが残っているのです。担当者のYさんがこだわったのも、統一した言い回しです。前後の話と矛盾したり混同することがないように、台本をきっちりと練り上げました。



■撮影秘話(2) 「橋本の仕事」

台本を暗記して話すのが代表の橋本の役目。先日の3回目の収録では、驚くほど慣れていて台詞覚えもアドリブも冴えていました。そんな成長ぶりを、ちょっと他人事のように楽しみ、私はミスをチェックする監視役。橋本と比べると、申し訳ないくらいラクチンな仕事でした。

私も少しだけ経験したことがありますが、カメラマン、音声さん、照明さんに囲まれて話すのは本当に難しいです。絶対に顔と声が引きつります。


DSCF3276_400



■撮影秘話(3) 「女性モデル」

続いて、碓井技術顧問の撮影です。第二弾までは私が受け手を演じていたのですが、第三弾は私の意向で女性モデル(とはいっても身内)に変更しました。本当は、第一弾から女性モデル案を提出していたのですが「男臭く行こうよ!」ってことにまとまり、私が受け手をやってきました。

第三弾を迎えるにあたって「男臭さはもういらないだろう」と思うようになり、撮影の2週間前、受け手を女性にすることを決断しました。出番が減った私はさらに身軽に。気持ちも荷物も軽いまま撮影日を迎えました。

出ないつもりでいたのですが、出ることに。結局、出まくっています。寝る役で。

DSCF2212_400


碓井技術顧問の実技収録です。こちらはリハーサルなしの一発撮りです。撮影中に救急車が通ってNGとなった場面がありましたが、それ以外はぴしゃっと!

DSCF2238_400


DVDの出版を通じて再確認できた活法の魅力。上手さと美しさが正比例する感覚を改めて得ることが出来ました。鍼灸が大好きな私は、活法も大好きです。活法が上手になるほど鍼灸が上手になる、そんな関係がたまりません。

第三弾、『活法のワザ 下半身の厳選七手』は10月発売です。本当は体験会やセミナーに足を運んで頂きたいのですが、その前に見ておきたいという方はDVDを手にとってみてください。一応は続いていますが、どれから観てもわかるように構成してあります。

ではまた。

--
活法研究会

「技術の上達に努力はいらない!?」

いつもありがとうございます。
代表の橋本です。

今回は
「技術の上達に努力はいらない!?」
について書きます。

あくまで個人的な見解ですので、
ご理解ください。

結論からいうと、
上達するために努力はいりません

まず、「努力」とは、
「目標を掲げ、そこに到達するために
邁進することである。」(ウィキペディア参照)


ある時、碓井師匠に聞いたことがあります。

ここから=====

前提として、
碓井師匠は、もともと治療で生計を立てる
つもりがありません。

今でもそのスタイルを続けています。


「なんで、治療で食べて行くつもりがないのに
  何年も治療術を学び続けているのですか?」

 治療を本業としている私としては、
 素朴な疑問でした。

「それは、人が好きだし、
  人の身体に興味があるからだよ。
  そうじゃないと長く続けることなんて
  できっこないよ。」

「趣味みたいなもんですか?」

「そうだな〜。それに近いな。」

「もう、活法は完成しましたか?」

「いや、まだまだ勉強中だよ。
  一生勉強だな。」


=====ここまで

技術が上達するためには、
反復練習しかありません。

つまり、やり続けなければ
うまくなりません。

しかも、治療の世界において、
「完成」というものは、
存在しません。

それは、患者さんも違えば、
症状も違うからです。

終わりのない目標に対して、
努力し続けるというのは、
大変です。

私も活法を学び始めてから
10年目に突入しています。

師匠の勉強会は最低6年週1回
というものでした。

初めは、
「週1回で6年もかかるの?」
と思っていました。

正直、続ける自信なんて
ありませんでした。

しかし、今では
毎回発見や気付きがあり、
楽しくてしかたがありません。

そして、発見したことを
会員の皆様に伝えたくて
しかたがありません。

そこに「努力」という
感覚はないのです。

純粋に活法が好き。
活法が楽しい。

それが、上達の近道だと思います。

好きなものは、続けられますよね!

だから
技術の上達に努力はいりません


私たち、講師陣は
活法を通じて、治療をもっと楽しく
感じてもらえるよう活動しています。

是非、私たちに会いにきてください(笑)

一番近いセミナーはこちら↓

入門セミナー☆肩こり編
http://kappolabo.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


それでは、次回の「活レポ」をお楽しみに♪

副代表栗原の知られざる秘密(古武術鍼法開発秘話)

代表の橋本です。

今回は副代表栗原の
知られざる秘密について
書いていきます。

本日は、古武術鍼法セミナー四肢編のC日程
の2日目を行っています。

IMG_0205 (1)


そのお昼休みにこのブログを書いています。

昨年から始まった古武術鍼法セミナーですが、
毎回申込みが始まるとすぐに埋まってしまう
人気セミナーです。

その古武術鍼法の開発秘話をお伝えします!


ここから〜〜〜〜〜

古武術鍼法のセミナーが始まる数年前の
栗原と私の会話です。

その時、すでに古武術鍼法の研究は
進んでいました。

素朴な疑問として

橋本「顔面神経麻痺の時、古武術鍼法では
   どうするの?」

栗原「それはね!胸のあたりが関係しているよ」

橋本「なんで胸なの???」

栗原「全身色々とチェックしてるんだけど、
   消去していったらそこしか残ってないんだー」

橋本「えっ、全身チェックしたの?」

栗原「うん!」

〜〜〜〜〜ここまで

全身隈なくチェックしていることに
驚いた記憶が鮮明に残っています。

現在、セミナーとしてお伝えするにあたり
かなり体系づられており、シンプルなものと
なっております。

しかしながら、現在のかたちになるまでには、
想像を超えるトライアンドエラーがありました。

ビジネスパートナーということで、
身内ではありますが、人として治療家として
尊敬をしています。

また、当会が運営しています鍼灸院
「はりきゅうルーム カポス」では
この古武術鍼法での施術を行っています。
http://shinagawa-a.kapos.jp/はりきゅうルーム カポス

優秀なスタッフのおかげで、
実績が増えることにより、
更に進化しています。

そんな栗原と古武術鍼法に
是非会いに来てください!

熱いですよ〜(笑)



間近なセミナーはこちら↓

「1日体験会☆上半身編」(残1名)
http://goo.gl/I0LkBx

「1日体験会☆下半身編」(残5名)
http://goo.gl/CPIzll




鍼灸師のために何ができるか?

副代表の栗原です。

活法研究会は「鍼灸師のために何ができるのか?」を考えるところです。鍼灸師だけで整体を学べる唯一の勉強会です。

講師は全員現役の臨床家。一人一人が開業しています。開業鍼灸師の立場で、また、開業を目指している方の立場で何が必要かを考え用意しています。

セミナー後の集合写真

患者さんはわからない

高度な技術も、それを現場にどう活かすか、という点が欠けてしまうと本来のポテンシャルが引き出せません。カタチをマネしても思うような結果はなかなか得られません。それは、プロの料理人の調理法をテレビで観ても、同じレベルの味が出せないことによく似ています。プロもピンキリかもしれませんが、プロと素人の間には歴然とした技術差があります。

この差は、一般の方になかなか分かるものではありません。数日間の研修を受けた一般人が白衣を着れば、それなりに見えてしまいます。私たち鍼灸師は、そんな彼らと同じ土俵で勝負させられています。医療系の免許を持っていてもいなくても、「整体師」と名乗った瞬間に私たちと同列の扱いをされます。

鍼灸師が免許を持つ意味がどこにあるのでしょうか。あん摩マッサージ指圧師の免許を持っていれば、整体をするにしても「安全な施術ができる」というアドバンテージがあります。しかし残念ながら、患者さんにはわかりません(事故が起こるまでは)。

活法研究会代表(橋本)

圧倒的な整体術

そうすると2つの点で訴求するしかありません。一つは、受ければ誰でも違いがわかる質の高い施術です。免許を持たない整体師が「素人」だと思えるくらいの圧倒的な技術を身につけることです。言うは易く行うは難しです。

そのレベルに達するには、DVD教材をマネする程度では無理でしょう。「可能」と答えた方で一流だと思える人にまだ会ったことがありません。一流のスポーツ選手にはコーチがいるように、私たち鍼灸師も一流になろうと思ったらコーチとなる存在が必要です。

私にはコーチはいませんが、社内研修で自分の欠点を指摘してもらう機会があります。一人ではわからない欠点が次々と出てきます。施術というものは、スポーツのように勝敗をつけられませんから、ランキングもありません。ごまかそうと思えば、いくらでもごまかせます(一流でなくても一流のように振る舞うことは可能)。

活法研究会主任講師(秋澤)

鍼灸を自由に操る

鍼灸師には、鍼灸があります。鍼灸の免許を持たない整体師が絶対に入ってこられない領域です。鍼灸にしかできないことがアドバンテージになります。逆の言い方をすれば、整体もできることをするならば、鍼灸師である意味も存在する意味もありません。

またまた、言うは易く行うは難しです。鍼灸はとても難しい技術だと思います。患者さんの期待値も高いと思います。最後の砦にしている方も多いです。神秘的で魔法のような成果を出すことを要求されることもあります。

もちろん、魔法ではありませんから、どんな病気も怪我も一発で治ってしまうなんてことはありません。ですが、最初の施術で、何かに応えなければ、患者さんはその場で失望してしまいます。

「治る兆し」や「改善の兆し」を患者さんに感じて頂く必要があると思います。活法研究会では、最短で最小の労力で鍼灸を操れるメソッドと環境を提供しようと思っています。通常なら30年かかるところを、大げさではなく3年で同等レベルになれると信じています。

古武術鍼法セミナー風景(講師:栗原)<

一流を目指す者だけを襲う罪悪感

他人はごまかせても、自分だけはごまかせません。少なくとも一流の鍼灸師は自分をごまかすことはしないでしょう。

一流であるかないかに関わらず、誠実な鍼灸師であるならば、患者さんの期待に応えられないことが続くと罪悪感が生じるのではないでしょうか。食事も美味しくありません。

商売として考えるなら、自分を大きく見せて、たくさんの患者さんを集めて、何割かの患者さんによい結果が出れば、それで良いのかもしれません。

10人の患者さんを集めて10人の患者さんが満足することと、30人の患者さんを集めて10人の患者さんが満足することは、満足する患者さんの数は同じです。ただ、後者には満足しなかった20人の患者さんがいることを忘れてはなりません。

活法研究会に集う鍼灸師は、真面目な方ばかりです。10人の患者さんを施術したら、10人の患者さんに満足してほしい、と思っている方ばかりです。ある種の方には、理想論だと言われるでしょう。

それでも、理想を追いかけることはやめられません。

2つのセミナー

活法研究会では、整体セミナーと鍼灸セミナーがあります。
整体セミナーでは碓井流活法を、鍼灸セミナーでは古武術鍼法を提供しています。

・整体入門<腰痛編> 日程:10/19〜20 会場:東京
・古武術鍼法<脊柱編C日程> 日程:11/30〜12/1 会場:東京

初めての方でも参加可能です。

鍼灸師以外の方は、お問い合わせください。

人気セミナーの仲間入り!?

副代表の栗原です。

トワテックさんの取材を受けました!
そして、その時の話がトワテックさんのサイト(トワテックリサーチ)に掲載されましたのでご報告です。

突撃セミナーレポート
活法研究会副代表・栗原誠〜活法を“Kappo”にするために〜

トワテック取材時の写真(副代表 栗原誠)

活法研究会が何を考え何に向かっているのかをわかりやすくまとめて頂きました。活法に興味があるすべての鍼灸師に読んで頂きたい記事です。私自身が、まず活法を始めて鍼灸師という職業が楽しくなりましたし、整体というものに対する理解が深まりました。

整体と言われているものはたくさんあります。優劣を付けたり分類するのはとても難しいと思います。活法も整体の源流という位置づけですが、整体と言えば整体です。私が活法研究会で追究しているのは鍼灸師だからできる整体です。そして、整体を学んだからこそできる鍼灸です。その形がだんだんと見えつつあります。

唯一無二と言ってしまえばカッコイイのですが、どこの整体セミナーにも当てはまらず、どこの鍼灸セミナーにも当てはまらない、孤島のような状態です。ガラパゴスのように独自な進化をするのも悪くありません(笑)

最後に、突撃セミナーレポートの内容を簡単に紹介して終わります。
-----------------------------------------
・碓井流活法とは
・整体との違い
・活法は何をするのか
・セミナーを始めたきっかけ
・鍼灸師限定の理由
・他のセミナーとの違い
・受講者の年齢層
・受講者の反応
・活法研究会の夢と目標
-----------------------------------------
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ