活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

体験会

思わずニヤニヤしてしまいました!

いつもありがとうございます。
代表の橋本です。

先日開催した
「1日体験会☆上半身編」に
参加された方から感想をいただきました。

ここから〜〜〜〜〜

早速、脳性麻痺で筋緊張が強い方に
「肘の空気抜き」を実施してみました。

意志疎通のできる方なので、最初は不安そうでしたが、
手技をした後の自分の状態に変化を感じたようです。

その時の不思議で思わず笑みがこぼれる表情をみて、
こちらも思わずニヤニヤしてしまいました。

神奈川県 防後朋子さま

〜〜〜〜〜ここまで

できないと思っていることが、
一瞬でできるようになった時、
思わず笑みがこぼれてしまいます。

その瞬間が、たまりません!

身体の変化を患者さんと共に共感し合う。

活法が素晴らしい理由のひとつです。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

次回の「活レポ」もお楽しみに♪


一番近いセミナーはこちら↓

入門セミナー☆肩こり編
http://kappolabo.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


『活法フェスタ2010』その2

いつもありがとうございます。
活法研究会 橋本聖樹です。

前回の続きをお伝えします!

碓井師匠の活法実技の後は、パネルディスカションをおこないました。

ご協力いただいた方々は、鍼灸師、助産師、活法と鍼灸を融合して施術をおこなっている副代表の4名でおこないました。
078

それぞれの立場で、『妊婦ケア』についてお話いただきました。

特に興味深かった内容は、助産の現場での悩みは何なのか?
また、鍼灸や活法がどのようにかかわることができるのか?
というところです。

<助産の現場での悩み>
腰痛・肩こり・腹部の張り・産後のむくみ・母乳関連(分泌過多など)・逆子・陣痛促進 etc

083


お聞きしてみると、それらほとんどの症状に活法や鍼灸が適応できるのにもかかわらず、助産師さんの認知度はありませんでした。(活法は当然ですが)

聞くところによると、日本の全人口で鍼灸治療を受けたことがある方は、わずか約7% 活法は数字にあらわすことができないとおもいます(笑) 医療業界にいる助産師さんの認知度が低いのも当然ですね!

これらのお話から、色々な課題が見えてきます。
まず、『妊婦ケア』に対して、鍼灸師が貢献できるということをどんどんアピールする必要があります。

ただ、『妊婦ケア』には、当然リスクも伴います。
そのため、安全で効果の高い技術を習得する必要もあります。

このあたりの課題がクリアできれば、妊婦ケアという領域で助産師さんと共存共栄ができますね。 


安産のお手伝いや産後のケアができる、素敵なことですね。


次回は、副代表の実技についてお伝えします!


ありがとうございました!



体験会の動画 

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

先日の体験会での1コマです。
碓井流活法では、「空気抜き」の手技のひとつ。



これは、なにをしているかというと、簡単に言ってしまえば、「肘を曲げやすくしています」
別の視点からいいますと、「上腕二頭筋の緊張抜き」です。

当然、肘の痛みにも効果的です。例えば、事故の後遺症で「肘が曲がらない」と思い込んでいるケースなどに非常に効果的です。
すこし、補助されるだけで不思議と曲がってしまうものなのです。

私の経験では、ボディービルダーの方で、「上腕二頭筋の緊張で肘が曲がらない」方に大変効果がありました。

その名の通り、上腕二頭筋の「空気を抜く」ようにおこなうとうまくいきます!
他の部位でも、当然応用ができます。

また、動画の中にもうひとつ、特筆すべきことがあります。

それは、次回、お伝えします。

一日体験会レポート3

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

みなさん、良い休日を過ごされたでしょうか?
私は、連休に美容業界から依頼を受けまして、
碓井流活法をお伝えして来ました。

今回はあらゆる業種の方が参加されていました。
みなさん、とても真剣でこちらも自然と熱が入りました。
参加された皆様、本当にありがとうございました。
この様子も、近いうちに報告したいと思います。


さて、一日体験レポート3では、
深呼吸の重要性をお伝えしようと思います。

動画において、師匠が女性の首や肩の不都合を取り除いています。
一つの施術が終わるたびに、深呼吸を行っています。

碓井流活法において、深呼吸は身体の中心作りと定義しています。
そもそも、身体に不都合がある方は、自分の中心がわからない、あるいは中心がなくなってしまっていると考えます。
そこで、術者が施術をし失っている中心をみつけ、深呼吸をすることでいい状態を固定する意味合いもあります。

深呼吸、とても重要です!!!

一日体験会レポート2

活法研究会 代表 橋本聖樹です。

今回も7月5日に行われた体験会での一コマをお見せします。
碓井流活法における同調同化というものを体感していただきました。
肩の違和感が碓井師匠と一緒に腕を回しただけで、
軽減、不思議です。

ほかにも同調同化を使った手技はたくさんあります。
随時紹介していきますね。

同調同化の詳しい説明はこちら

こちらをご覧ください。



次回は連休中に公開します。
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ