活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

セミナー

鍼灸師が活法から学ぶべき間合いと心理術

副代表の栗原です。

2月19日(日)のセミナーは、技術顧問である碓井誠先生を迎えました。碓井流活法の創始者のワザを見たい、体験したい、という方が全国から集まりました。

一手で改善、幻の古武術整体 即効! これが活法(かっぽう)だ [DVD]


このセミナーは私にとっても大きな意味がありました。なぜなら、碓井先生のワザを見て、体験して、鍼灸師としての生き方が大きく変わったからです。碓井流の体験なくして、今の私はありません。

DVD発売記念 厳選21手完全マスター講座の様子(2017年2月19日)



■活法にあって鍼灸にないもの

活法に、鍼灸にないものを感じました。それは鍼灸が抱える大きな問題を浮き上がらせました。それまで鍼灸専門でやってきた私が活法に熱中したのは、その問題を解決できると思ったからです。しかし、鍼灸理論に活法のワザを当てはめてみても理解できませんでした。生まれも育ちも違うものが、いきなり溶け合うことはありません。

まず、活法は活法として理解し、とことん実践する。活法を使う時は、頭のてっぺんから足の先まで活法でなければならないのです。そうすることで、活法がだんだんわかってきます。

施術はもっと単純に考えてもいいんだ、と思えるようになってきました。それまでの私は鍼灸理論を難しいものだと思っていましたし、難しいことをやっていることに酔っていた気がします。簡単なことをわざわざ難しくしていたのです。本当に大事なのは、難しいことを簡単にすることです。

活法がまさにそれなのです。
鍼灸が見習うべきところは、単純化です。

単純化とは、理論を廃止することはでありません。理論をシンプルにしていくことです。ツボの使い方をシンプルにすることです。症状とツボの関係を明瞭にすることです。そうすると、難しい症状が簡単になっていったのです。

碓井誠の活法(座づくり)



■師のワザ

私が驚愕したのは、師であり会の技術顧問である碓井誠先生のワザです。初めて見て体験したのは10年ほど前です。その時のインパクトは忘れられません。

同じ体験をしてほしくて企画したのが、先日のセミナー「DVD発売記念 厳選21手完全マスター講座」でした。碓井流の濃い施術を受けてほしかったのです。そこで必ず何かを感じると思っていました。それが私と同じでなくてもよいのです。

私が注目したのは、空間の使い方です。患者(役)との間合いの取り方が鍼灸師とは全く違います。鍼灸の常識では、患者さんは寝て鍼や灸をされるのを待っています。動いていることはありません。しかし、活法は違います。動いている相手に仕掛けたり、仕掛けながら動かしたりします。

活法が相手にしているのは、運動している人体です。

鍼灸にも、鍼をしたまま動いてもらう「運動鍼」と呼ばれているものがあります。でも、これは鍼をしてから動くので、「鍼+運動」です。運動している人体を対象にしているとは言えません。

空間認識は、簡単にマネできません。ソムリエの味認識を簡単に真似できないのと同じです。卓越した空間認識力は、相手にワザをかけるのに最適なポジションにスッと入っていけます。入ってからの微調整も必要ありません。

DVDの撮影にはリハーサルはありませんでした。にも関わらず、師の立ち位置や座り位置は「そこしかない!」というところに迷わず入ります。DVDを購入された方は、そこに注目してもう一度観て頂きたいです。

慣れた弟子(撮影では私が受け手)が相手だからだろう、と思われるかもしれませんが、第三弾のDVDの受け手は、師の施術を受けるのが初でした。撮れた映像を見て本当に驚きました。

そもそも、活法は柔術の裏技です。

間合い次第で有利にも不利にもなります。鍼灸でも、施術しやすい距離感はありますが、相手が止まっているので、自分が動きやすい距離なのです。

活法では、相手も動きます。動く相手との絶妙な距離感。時と場合によって変化するので物差しで測れるものではありません。相手の空間を認識し、相手の動きを読む能力がなければ、最適な間合いを取ることはできません。

碓井誠の活法(腕枕)



■術者に操られるという不思議な感覚

活法にあって鍼灸にないものは他にもあります。それは術者に操られるという感覚です。とても不思議な感覚です。

術者に動きを誘導されているうちに、自然体になっていきます。誘導されるのは肉体だけではありません。意識まで誘導されています。むしろ、意識の誘導の方が本質に近いと考えています。

「誘導」は、相手の動きの選択肢をさりげなくとってしまうことです。だから迷わず動けます。とても面白いロジックです。

たとえば、マジシャンは観客が自分の視線と同じ方向を追うことを知っています。それを利用して死角を作りタネを仕込みます。活法でも、同じことを利用します。術者の視線だけで相手の視線も姿勢も変わります。

活法は心理学的に理に適っていることをやっています。当然と言えば当然です。活法は武術の裏技として生み出されたワザだからです。肉体の動きを知り尽くした武術家がいて、駆け引きを知り尽くした武術家がいたのです。活法は究極の心理術とも言えます。

「良くなっているのは心理的に生じる錯覚だ」と(批判っぽく)言われることもある活法。むしろ、それは本質をついているのです。錯覚をも巧みに利用してしまうのが活法。不思議な体験ができるのは当然です。もちろん、体の使い方にも長けていることが前提です。

だから、活法の名人がスゴくないはずがないのです。

碓井誠の活法(綱引き)


■もっと魅力を知りたい時におすすめな記事(外部)

◎「人生の幸せは達人に学べ!!」(活法研究会会員 谷地先生のブログ)
◎「コツと技術〜活法と合気道」(活法研究会会員 小松田先生のブログ)


■求人情報(鍼灸師2名)
活法に興味のある鍼灸師を募集しています。
詳しくはこちら≫採用情報

◎関連施設
養気院(群馬県伊勢崎市)
カポス(東京都港区/品川駅)

鍼灸師採用情報大

完成に7年を費やした整体カリキュラム

活法研究会、設立は2009年。
 
整体セミナーの応用☆下半身編で、活法整体カリキュラムが完結。
活法研究会の事業はセミナーではありますが、それは同時に口伝の技術をカリキュラム化することでした。


活法研究会のカリキュラム


どうしたら、この技術の価値が伝わるのか、どうしたら上手に使えるようになるのか、試行錯誤の連続でした。大事に大事に育てたかったので、規模よりも密度を重視したセミナーを行ってきました。じっくりコトコト煮込みながらの作業。全カリキュラムを完成させるまで7年を費やしたことになります。


DSCF0879


たくさんの鍼灸師がここで学んできました。開催したセミナーは数えきれませんが、その数では決して計れない価値が生まれました。

私たちの財産は、受講してくださった皆様のお一人お一人が生んだドラマだと思っています。そのドラマに立ち会えたことが嬉しくてたまりません。やってきてよかったと心の底から思います。

カリキュラムは、会の活動を支える受講者や会員さんの存在がなければ、完成することはありませんでした。特別な感情がこみ上げてきます。


DSCF0732_512


今月から対象が柔道整復師に広がり、さらに多くの価値と予測不可能なドラマが生まれることは間違いないでしょう。活法研究の最大コミュニティとして、さらに充実させていきたいと思います。これからです。

(副代表 栗原誠)

活法の肩こり治療はどうするのか

副代表の栗原です。

昨年の整体セミナーは「肩こり編」で終わりました。

活法研究会_整体入門セミナー肩こり編(2015年12月20日〜21日)
2015年12月20日(日)〜21日(月)



しつこい肩こり、どうすれば治るのでしょうか。
活法では、肩甲骨の位置を重視しています。

「肩甲骨がどこに位置しているのか」ではなく、「肩甲骨がどこに居たがっているのか」を重視します。脳が正しいと思っている骨の位置がズレているために、それを補正しようと筋肉に負担がかかっているのです。これを言葉だけで説明するのは難しいので、次のイラストを用意しました。

活法と肩こり


体には、位置感覚があります。手がどこにあって足がどこにあるのか分かりますよね。だから、手と足を間違えることはないですよね。これは極端な例ですが、位置感覚のズレはあちこちで起こってしまいます。自分が思っているところよりも、頭が前に出ていたり、手を真っ直ぐに挙げたつもりでも少し斜めだったり…。

ミクロな視点でみれば、脳が認識している位置と実際の位置にはズレがあります。それが支障のない範囲であれば健康的で不自由がありません。

骨は本来の位置にあるのが最も動きやすいので、 実際の位置がズレていなくも位置認識がズレていれば動きに鈍さが出ます。そうなると、今度は動きの中で正しい位置を探そうとします。筋肉が収縮して「こっちじゃないの?」と関節として動きやすい方向に戻そうとします。この筋肉の働きは無駄なものです。

この無駄な働きは筋肉の過緊張を生み出します。この感覚が「コリ感」です。

いわゆる「位置認識のズレ」から発生する「コリ感」や、実際に触れて感じる過緊張は、その筋肉を揉んでも解消されません。逆に言えば、揉んで解決できてしまうコリは、単純な筋肉疲労と言えます。

実際に位置認識を正常化させるためには、次のような技法を使います。写真でお見せすると、ただ肩甲骨を圧迫しているようにしか見えませんが、肩甲骨を“良い位置”に固定しながら患者役は肩甲骨と腕を動かしています。


DSCF7529_400


意図的に「寄せる」「上げる」という方向に位置を決めて固定いるのですが、これを強引に行うと相手の体に拒絶されてしまいます。ただ力と力がぶつかるだけで調整になりません。しっかりと固定しつつも、ふんわりと接するところに技術のポイントがあります。実は、術者がふんわりと固定すればするほど、患者役は肩甲骨が動きにくいという不思議な現象が起こります。

活法でいうところの「固定」は、「動かさない」という意味ではなく、その本質は「動きの中心を作る」という行為なのです。活法の肩こり治療を専門的に言えば、「動きの中での中心認識のズレ」を調整して、コリを解消させるものです。

このように活法の肩こり治療には理論的な背景があります。理論はこれだけではありません。骨盤との連動や上肢との連動を一緒に整えることも重要です。その話はまたの機会に。

次回の整体セミナーは「骨盤編」です(2月14〜15日)。
骨盤の動きを整えるセミナーで、幅広く応用できる内容です。

活法研究会_整体入門骨盤編のセミナーの様子(2015年8月9日)



■セミナーの日程のご案内

2月14日(日)〜15日(月) 活法整体入門☆骨盤編
2月21日(日) 1日体験会(上半身編)
2月28日(日) 1日体験会(下半身編)
3月6日(日) 1日体験会<柔整師・整体師対象>

「肩こりの治療」活法ならこうする

副代表の栗原です。

代表橋本の「活法ならこうする」シリーズ、今回は私からお送りします。

さて、肩こりの治療と言っても、実にさまざま。

マッサージ、指圧、カイロプラクティック、整体、そして鍼灸。数え切れないほどの手法が世界にあります。特に日本は、徒手療法大国ですから、世界中の主義が日本で受けられると言っても過言ではありません。

肩こりに対して「活法でならねばならない」という理由はありません。しかし、「肩こりを根本から解消させたい」と思うならば、活法の考え方や手法は多くのヒントを与えてくれます。肩こり症状に対して何かをする、という意味ではハードルは低いため、誰でも参入できる慰安ビジネスが盛んです。

しかし、目的を「肩こりの根治」と考えた瞬間から、肩こりへの対応が突然難しくなります。肩こりの根本的な原因を知らなければならないからです。原因は一つとは限りません。姿勢が影響することも、関節への負荷が影響することもあります。もちろん、内臓の調子も無視できません。

私は、肩こりを診るとき、腕を試されているという気分になります。肩こりはあなどれないのです。だからこそ、肩こり治療は技術屋として腕の見せ所です。圧倒的な信頼を得られるチャンスと考えることもできます。


■活法ならどうする?

前置きはこれくらいにして、活法における肩こり治療のヒミツを話しましょう。原理は簡単です。動かしながら、肩のコリを解いていきます。もちろん、ただ動かすわけではなくコツがあります。

DSCF3098_400
セミナー中の技術解説



この写真は、私が受け手になって、講師の秋澤(カポス院長)が手技を行っているところです。私の腕がしっかり極(き)められています。まるで武術の関節技のようです。実際、そうなのです。

関節技を極められながら動かされているのです。痛そうに見えるかもしれません。実は、ちょっとだけ痛いです。安心してください。ちょっとだけです。関節を極められると、身体は逃げ場を探します。逃げられる方向を身体が勝手に探すのです。しかも、緩みながら逃げようとするのです。これは本能です。

相手の本能を引き出し、それを利用する。

こうしたところが活法の面白いところです。もちろん、この技には加減があって安全に行うコツがしっかりとあります。力づくで関節を極めて傷めるようなことをしません。

次の写真は、技術顧問の碓井誠先生が私に技をかけているシーンです。この写真でお伝えしたいのは、しっかり関節が決まっている割りに術者の手はふわっと添えている程度であることです。グッと力を入れてしまったらこの技は成り立ちません。力を使っているようでいて、実は力なんて使っていないのです。

DSCF6259_400
映像教材(DVD)の撮影風景


術者は力を抜くほど、相手(患者さん)も力が抜けます。関節が極まっているのに、どんどん力が抜ける、という興味深い状態になっていくわけです。肩の重さがみるみる消えていくのです。この感覚は受けるとすぐにわかります。活法が武術の裏技である理由も身体が納得してくれます。


■活法はコツ探し旅

活法は体で覚えるものです。本来であれば口伝です。見て覚える世界です。教科書なんてありません。だから自分でコツを探しながら技術を磨いてきました。自分で気がつくことが大事です。とはいえ、こうした方法は徒弟関係の上に成り立ち時間もかかります。

許された時間の中で習得するにはどうしたらよいのか。

活法研究会のカリキュラムの裏には、このようなテーマが隠れています。だからコツは惜しまずに伝えています。私たちも指導する中で気がつくことが多々あります。回数を重ねるごとに、指導法も熟成されています。

DSCF3102_400
セミナー中の指導風景


■整体入門セミナー<肩こり編>の感想

セミナーへの参加を検討されている方は、参加者の感想も参考にしてください。

<整体入門セミナー☆肩こり編> 定員15名/先着順
2015年12月20日(日)〜21日(月)/会場:東京(ホテルサーブ会議室)
≫詳しくはコチラ

活法研究会_クチコミ_肩こり編_HY様
自分自身も肩凝りがあり、色々触ったり、もんでみたりしてましたが、今回の講義で教わった技術がすごくピンポイントで凝りをとったり、又、一瞬でゆるんだりと、すぐに実戦で使えるものが盛りだくさんでした。明日からの治療にどんどん使って患者さんに楽になっていただきたいと思います。



活法研究会_クチコミ_肩こり編_KH様
まずは肩に対しての技法の多さに驚きました。これが不十分でもこっちで対応、と臨機応変に施術できるし、体の使い方の訓練が多く含まれていて、見た目以上のことが身につくお得感満載のセミナーでした。
1つ1つの技法の習得はなかなか難しいですが、やればやるほど、新たな技法を知りたくなります。コンプリート目指してどんどんセミナー参加したいと思います。



活法研究会_クチコミ_肩こり編_NT様
本日も楽しいセミナーありがとうございました。
骨盤編に続いて2回目のセミナーでしたが、非常に疲れました。
覚えることが前回よりも多かった様に思います。ただ、その分明日からの臨床には生かせると思うので大変楽しみです。
次回は腰痛編にChallengeします。



活法研究会_クチコミ_肩こり編_KS様
本日3回目の入門編コンプリートになったのですが、ずっと気になっていた肩周辺の症状改善なので本当に楽しみに来ました。実際自分自身が強い肩コリを持っていて頭痛等にも悩まされていたのですが、一日目が終わり、朝起きてみるとなんとも晴れやかな気持ちで驚きました。
この感動と驚きを患者さんにも伝えて行ける様に、これからも精進していきたいと思います。しかし、肩コリ編は本当に疲れました(笑)



活法研究会_クチコミ_肩こり編_SA様
肩こり編を受講させて頂いて、今回も動きにフォーカスしているので、こんな動きで首にとか、ここのポイントで肩に効果が有るのかとおどろきの連続でした。
いつもながら参加されている先生方が明るく教えあって下さるので内容がとても多いですが、すごく吸収することが出来ました。ありがとうございました。



活法研究会_クチコミ_肩こり編_YK様
10手の技を習いましたが、一手覚えるごとに、自分の肩と首が軽くなっていき、技の威力に感動しました。どの技も、異なる働きがあるので、コリの原因がこんな所にもあるんだと、自分の体をもって体験できたのが、とても施術の参考になりました。鍼灸師として肩こりとの戦いはさけられませんが、ただ肩に鍼をするだけではない強力な武器をたくさん手に入れられ、大満足でした。



活法研究会_クチコミ_肩こり編_FY様
どの技も受けた後に肩が軽くなり、やっぱり活法っていいなと思いました。なかでも、ホームページで以前見かけて気になっていた坐骨切りという技は、坐骨を刺激することで肩こりが取れるというのはびっくりしました。
他にも指で調整したり、耳を持ち上げて調整したりと驚きの連続でした。


活法研究会は、日本最大の活法学術コミュニティです。
http://kappolabo.jp/

体験会に鍼灸師が集まる理由

副代表の栗原です。

今月も来月も、活法の1日体験会を行います。年に数回ですから、興味のある方はこの機会をご利用ください。今回は、この体験会について詳しく説明します。

体験会では、古武術整体と古武術鍼法を実際に体験して頂くものです。私たちのセミナーは安価ではありませんから、いきなり申し込むには勇気が必要な額だと思います。

時に、勇者が現れたりするので「大丈夫だろうか…」とこちらが心配してしまうことがあります。実際に本セミナーにお申込みになる方の7割が体験会に参加された方です。残りの2割が紹介で、残る1割が真の勇者です。

活法研究会_1日体験会の風景_01

冗談はさておき、この料金には理由があります。

セミナーで利益を出すにはある程度のご負担を参加者にお願いしなければなりません。こう書くと「儲けるためにやっているのかっ!?」とお怒りになる方がいらっしゃるかもしれません。でも、私たちは仕事として行っています。プロの意識で受講者と向き合っています。対価をきちんと頂くからこそ芽生えるプロ意識です。

活法研究会_1日体験会の風景_02

そもそもの話をすれば、私たちが提供している技術にも“仕入れ”があります。決して、その場の思いつきだけで行っているわけではありません。資料作成や打ち合わせなどの事前準備があります。技術顧問との連係や下調べもあります。メカニズムを解明しながら伝えるように工夫もしています。

講師それぞれの臨床も準備といえば準備です。表に出す前に日々の臨床で何度も何度も検証を重ねています。患者さんの協力なしには得られなかった技術が山ほどあるのです。臨床は、結果を出すところであると同時に、実験場です。

患者さんの前では、露骨に実験場なんて言うと誤解されてしまいますが、実験要素のない臨床には進歩がないのは明らかです。「もっと効果を出すにはどうしたらよいだろうか…」と考え続けているからこそ、新しい価値を生み出せるわけです。ですから、私たちのセミナーは臨床ありきなのです。

活法研究会_1日体験会の風景_03

講師という立場から言って、講師をするには技術レベルが高いだけでは難しいです。私のように、おしゃべりで間を持たすことができない者でもできるのは、事前にカリキュラムを作成しているからです。不規則に並んでいる技術をどのようにパッケージしようかと頭を悩ませることも多々あります。

技術セミナーで前提になるのは、わかる言葉、わかる動きで伝えることです。次に、わかる順番で伝えることも必要です。

他にも、活法研究会が高い価値を提供できる理由があります。それは、受講者が鍼灸師(+学生)であることです。鍼灸師という共通項があるために、言葉選びに苦労しません。

もちろん、鍼灸師もそれぞれなわけです。でも、鍼灸師という括りがあることで、セミナーの空気が整います。たとえば、「陰陽って何ですか?」という質問は出ませんから、時間のロスもありません。「鍼灸師限定」にしているからこそ、前に前に加速していくことができるのです。

活法研究会_1日体験会の風景_04

体験会では、大幅に省いていることがあります。それは理論です。あえて説明しないことで、理屈ぬきに体で覚えるようにお願いしています。理論を蔑ろにしているわけではありません。体験会の目的が体感だからです。

体験会は、活法を感じて頂きながら、当会のセミナーに対する考え方や姿勢を伝える場でもあります。いくら技術が優れていても、その技術を受け取って現場(臨床)で活かせなければ何の意味もありません。私たちの関心は「臨床で使えているのか」に集まっています。使えるものしか提供しておりません。

活法研究会_1日体験会の風景_05

活法を整体と鍼灸の2つの立場から切り込めるのは活法研究会だけです。足を運んで頂くと、なぜ「鍼灸師のための…」がお分かり頂けるかもしれません。体験会は、あくまでも体験会です。お気軽にご参加ください。本セミナーにしつこく誘うことはありませんから、「活法を見てみたい」という単純な動機だけで十分です。

上半身編は、ほぼ満席です。
下半身編の受付を開始しました。満席が予想されますので、お早めにお申込みください。

----------------------------------------------------------------
2015年5月31日(日) 1日体験会(上半身編) ※残りわずか
2015年6月7日(日) 1日体験会(下半身編) 募集開始(5/10〜)
----------------------------------------------------------------

■1日体験会(下半身編)の感想

岡安有子先生(千葉県)
とてもフレンドリーでわからないことを徹底して聞ける雰囲気にのびのび学べそうで安心しました。患者さんにどのように接するのか、言葉のかけ方や手のさし出し方等、基本中の基本なのに忘れがちな点も反省する点が沢山ありました。腰痛を足で治す! 目からウロコポロポロ〜です。整体も力でなく自然の動きを応用しているようで体力の無い私でも出来そうです。治療時間の短縮も出来そうで今後が楽しみです。深謝。活法1日体験会の感想(岡安有子先生)


嶋田太一先生(神奈川県)
前回の上半身セミナーで活法のすごさを知り、さらに今日は学びの多い1日になりました。一撃必殺の様な空気抜きや腓腹筋の導引は目からウロコの衝撃でした。ますます活法に興味を持ちました。
古武術鍼法も局所ではなく、下腿での穴の腰椎の変化。明日から臨床にまた役立てたいと思います。
今後もセミナーでお会いする機会が多くなると思いますので、よろしくお願い致します。
活法1日体験会の感想(嶋田太一先生)


梅田禎幸先生(神奈川県)
8/3受講しました上半身編に続いて、今回の下半身編についても、自分自身の心を“グッ”とつかまれてしまいました(笑) 活法の手技3つだけでなく「3つも」という印象でした。また、橋本代表がおっしゃっていました「治療に入る前に」という話は、改めて自分の治療を見直す良いきっかけでした。(誘導、作法、間合い)また活法を汗を流しながら教えて頂いたのは感動しました(秋澤先生感謝)
腰椎の動きは、とても面白かったです。ツボの取穴勉強になりましたし、早速、活法だけでなく古武術鍼法を明日から治療に使っていきます。ありがとうございました!!時間を作って、整体、古武術鍼法のセミナーに伺います!!活法1日体験会の感想(梅田禎幸先生)


活法研究会オフィシャルサイト http://kappolabo.jp/
活法研究会FBページ https://www.facebook.com/kappolabo
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ