活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

臨床

「むち打ち」活法ならこうする。

副代表の栗原です。

最近、整動鍼で登場することが増えましたが、今回は整体の話です。

むち打ち症に対して、活法整体のみで対応した症例があるので紹介します。
患者さんは五十代の女性。1年前に交通事故に遭ってから、次のような症状で悩んでいました。

・右頚の痛み
・頭痛(左右)
・右目の奥の痛み

最初は整形外科。
その後、接骨院で1年間治療を続けていました。

なかなか良くならず、私の鍼灸院に通っている妹さんの紹介でお見えになりました。

活法では、むち打ちの際にまず確認するのは事故の状況です。どういう場面で衝突したのかが重要です。方向や強さだけでなく、その時、運転席に居たのか助手席に居たのか、など細かく確認します。状況によって、どこに負担のかかった部位(関節や筋肉)とその質を判断したいからです。

この女性の場合、運転席で信号待ちをしている際に、突然後から衝突されたのです。その時の車は修理して乗っています。不意打ちであったかどうか、またハンドルを握っていたかどうか、こうした情報が原因を探す重要なヒントになります。

ハンドルを握っている場合、衝撃が入った瞬間に体を支えようとして手指にギュッと力を入れるものです。つまり、手指に痛みがでなかったとしても、その衝撃と共に大きな負担がかかってしまうのです。特に衝撃と共に起きた負担は、心にも体にも記憶にしっか残ります。

身心に刻まれた衝撃の記憶

これが、むち打ち症の本質的な問題だと考えます。

1年間治療を続けても症状が取れないのは、痛みのある頚の筋肉に直接施術してきたからです。原因にアプローチしていなかったのです。念のため、実際の施術内容を尋ねて間違いないことを確認しておきました。

刻まれた記憶を解除するために、まず行ったのが扇。

108
整体入門(肩こり編)


この技は、手に残っていた衝撃の記憶を消すためです。
痛みのある頚と同じ右側を使いました。まず、頚の左右の可動域が大幅に変わりました。1年間悩んでいた痛みがスッと消えてしまったのです。

次にアプローチしたのが膝への衝撃です。
ブレーキを踏んでいた右脚に負担がかかっていると考えたからです。

103
整体基礎(下半身編)


腓骨に軽い衝撃を加える「腓骨上げ」という技です。これによって、頚の付け根の緊張を解き、安定化させるのが目的でした。

残っている緊張を探してみると、頚の右側面に残っていたので、股関節からアプローチしました。「側軸通し」というこの技は股関節を貫く軸を調整することができます。股関節が整うと頚の余分な力が抜けていきます。体はそういうふうにできています。

側頚の緊張が解けたので、仕上げは意識に対するアプローチです。

109
整体入門(肩こり編)


頚など、脊柱は特に意識の持ち方で可動性が大きく変わります。動くと思えば動き、動かなくと思うと動かなくなる性質があります。無意識にある思念は自分ではどうにもなりません。これを強制的に変えてしまうのが、この「頭の無重力」です。

さらに可動域の広がるのを確認しました。
こうして、1年ぶりのスッキリをようやく取り戻せたのです。

再び、痛みや緊張が出ても、何度か繰り返すうちに、本来の良い状態が記憶に上書きされていきます。そして、いつのまにか悪かった状態を忘れてしまうでしょう。

意識に刻まれた記憶は、残念ながらレントゲンにもMRIにも写りません。
検査で異常がない時は、記憶を探ることができる活法がたいへん役立ちます。

今日、明日の2日間は、今年最後の整体入門(肩こり編)セミナーです。
来年に肩こりを持って行かないようにしたいですね。

「寝違い」活法ならこうする

いつもありがとうございます。
代表の橋本です。

「活法ならこうする」は、
日々の臨床および会員様からの
情報を元に、活法の技や役に立つ
情報をお届けしています!

今回は、
「寝違い」に対する
活法をご紹介します!


ここから=====

【患者】
40代 男性

【症状】
朝、目覚めてから頚が回らない。
車の運転(バック)に支障がある。

【手技】
頚を動かしてもらい、痛む場所を
示してもらう。
その状態で(痛い格好のまま)
施術をおこなう。

「寝違い」に対する
活法の技はこれ↓

84
肩甲骨回し

2〜3箇所、痛みが移動する場合が
多いので、そこにも同様におこなう。
※頚自体にも同様に行うことができる。

可動域に大幅な改善
みられたため終了。

【経過】
施術から3日後、改善していたため、終了。

=====ここまで

この手技のポイントは、
痛み」をとることよりも
可動域」をよくすることに
絞ることです!

「寝違い」の場合、
特に発症直後は
炎症が強いケースがあります。

その場合、
「痛み」を取ろうとすると、
多くの時間をかけても
痛みが取れきれないことがあります。

活法では、まず
可動域を改善すること
に主眼をおきます。

可動域が改善すれば、
その周辺の筋肉が緩みます。

そのため、早い回復が見込めます。

時として
患者さんの意識を
痛み」から「可動域」に
変える事も必要です。

是非、行ってみてください。


この手技は、
「入門セミナー☆肩こり編」にて
伝授いたします!

「入門セミナー☆肩こり編」
http://kappolabo.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=125


今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

次回の「活レポ」をお楽しみに!

活法研究会オフィシャルサイト http://kappolabo.jp/
活法研究会FBページ https://www.facebook.com/kappolabo



鍼一本で患者さんが帰った

副代表の栗原です。

患者さんに鍼を一本したら、患者さんが勝手に帰り支度を始めました。

怒らせてしまった?

いえ、違います。
腰痛が完全になくなったのです。

患者さんを施術室に招いて5分後の出来事です。

患者さんが望むのは長い施術時間ではありません。もちろん施術時間で価値を計ろうとする患者さんもいらっしゃいます。だとしても、劇的な効果を体験すると態度が変わります。

活法だとすぐによくなるので、そのあと何をしてよいかわからない

という、悩みだか自慢だかわからないを話をセミナー受講者が発することがあります(笑) 施術時間という決まりが活法の前ではうっとうしくなります。活法は、患者さんも我々も時間で縛ることがありません。

さて、今回の施術で使用したのは鍼です。
これも活法の一つなのです。

普通の鍼と、活法の鍼、何が違うのかを一言で表すと「動きの調整」に注目していることです。痛みをとって動きを改善させるのではありません。動きを改善させることによって痛みを消したり緩和させるのです。似ているようですが違います。

活法研究会では、12月に「古武術鍼法プロローグセミナー」を行います。12月8日(日)に会員優先で募集したところ、その日のうちに満席。ご期待にお応えするために、B日程として22日(日)を追加して一般募集を行った途端こちらも満席。

来年(2014年)には、古武術鍼法セミナーがカリキュラム化できると思います。

【告知】

12月23日(月・祝)は、鍼灸師以外に活法研究会の整体カリキュラムを解禁する日となります。来年に開校予定の「活法整体学校」のプレセミナーを行います。定員は30名です。テーマは「ぎっくり腰」。詳しくは近日公開。

ぎっくり腰 痛みと動きが8割方改善(受講生報告)

活法研究会 橋本聖樹です。

先日開催しました「入門セミナー 腰痛編」を受講された方から嬉しい報告がありましたので、
ご紹介させていただきます。

+++++++++++++++++++++++

 先日 腰痛編を受講させていただいたKです。

今日 ぎっくり腰の患者さんが 来院されたので 早速 教えて頂いた腰痛パターンを使ってみました。

施術後 痛みと動きが 8割方 改善しており、 こちらが確認するよりも先に 患者さんから

 「来た時より こんなに楽に動けるようになった!」

 と 感動してくださり、そのまま歩いて帰られました。

本当に 先生がおっしゃっていたそのままの反応が帰ってきたことに、ただ 驚きと感動です。

 ありがとうございます。

+++++++++++++++++++++++

このような、ご報告を受ける度に、スタッフ一同、自分のことのように嬉しくなります。

ご報告をいただきましたKさん。

現在は、鍼灸整骨院にて勤務していて、時間の許す範囲で活法をおこなっているそうです。

将来の開業という夢のために、活法を選んでくださいました。

活法研究会は、これからもKさんを応援していきます!





骨盤の調整、こんなときに使います!Part2

代表の橋本です。

今回は前回お伝えできなかったケース2・3についてお伝えします!
前回のブログはこちら↓
http://blogkappo.com/archives/4259150.html

ケース2

主訴:両手のしびれ、腰痛、足のしびれ、背中の痛み

40日間、入院をしたが、症状はまったく変わらない。

またまた、立位にて骨盤の高低差を確認してみると...異常が発覚!

今回は、右の骨盤が上がっていて、右の肩も上がっている。
IMG_0001

これもまた、アンバランスである。

またまた登場!
89
骨盤の高低差の調整

施術後、神がかりのように全ての症状が消失!

ケース3

主訴:腰痛

3日前にマラソンのトレーニング中に軽い脱水症状(手足のしびれ)になり、その後腰の痛みとともに違和感がある。

試しに立位にて骨盤の高低差を確認してみると...異常が発覚!

今回は左の骨盤のみが高くなっている状態。

迷わず、骨盤の高低差の調整
89

施術後、小走りをしてもらうも、腰痛および違和感なし。

全ての症状が、骨盤の調整で解決するわけではないが、確認をしてみることをオススメする。

そんな、「骨盤の高低差の調整」が学べるセミナーを8月19~20日の2日間で開催します!
興味のある方は、是非ご検討を...

入門セミナー☆骨盤編
http://kappolabo.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=64

ご参加お待ちしております!
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ