活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

臨床

骨盤の調整、こんなときに使います!

代表の橋本です。

今日は骨盤調整の症例をお伝えします!

こんなとき、骨盤調整が威力を発揮します。

ケース1

主訴:左ひざの痛み(膝が痛くて、正座ができない)

活法の膝に対する手技を施すも、まだ正座はできない。

そこで、立位にて骨盤の高低差を確認してみると...異常が発覚!

どんな異常かを説明する前に、まず立位にて「やすめの姿勢」を想像してもらいたい。

正常な人は通常、左を軸足にして、右足を投げ出すような格好で「やすめの姿勢」をとる。

それにより、通常は右の骨盤が高くなる。

なぜ右の骨盤が高くなるかというと、右の股関節が外旋するからである。
※股関節が外旋すると、関節が開くため

当然、逆の左の骨盤は低くなる。
※股関節が内旋すると、関節が詰まるため

そして、全体のバランスととるために、上体(右肩は)下がるハズである。
IMG

しかしこの患者さんの場合、左の骨盤が高く、しかも左の肩も上がっていた。
IMG_0002

非常にバランスが悪い状態であることが、想像できる。
このアンバランスが、膝に負荷を与えていると考える。

そこで登場するのがこれ↓
89
骨盤の高低差の調整

骨盤の高低を逆転させるつもりでおこなう。

具体的には、左の股関節を内旋へ調整し、右の股関節を外旋へ調整する。

結果、言うまでもないが、正座ができるようになった。

骨盤と膝の関係性が、ハッキリした症例でした。

なかなか改善しないひざ痛などのとき、チェックしてみてください。

長くなってしまったので、ケース2は後日お伝えします。


そんな、「股関節抜き」が学べるセミナーを8月19~20日の2日間で開催します!
興味のある方は、是非ご検討を...

入門セミナー☆骨盤編
http://kappolabo.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=64

ご参加お待ちしております。

※絵心がなくて、すみません...

「決めの一手」ぎっくり腰編

代表の橋本です。


碓井流活法では、よく「決めの一手」というのが出てきます。
様々な症状に対する技の組み立ての中で、「この一手は欠かせない」という大事な技のことです!


今回は、その中のひとつをお伝えします。


先日施術をしたぎっくり腰の患者さんのお話です。


当然、主訴は腰痛。年齢30代後半、双子のお子さんがいるお母さん。 
ぎっくり腰になったきっかけを伺うと...


子供をブランコから抱き上げて降ろそうとしたときに「グキっと」⇒⇒⇒ここがポイントです。


腰痛に関しては、活法研究会がお伝えしている「黄金(腰痛)パターン」で楽々と解消。


しかし、この後に「決めの一手」を入れるかどうかで、その後の予後に大きく影響します!


今回の決めの一手はこれ。
DSC_0056ポイントは上腕三頭筋



物を持ち上げた時の姿勢をしてみると、上腕三頭筋が緊張しているのがわかると思います!
こういったケースの場合、腰痛の改善と三頭筋の緊張を取ってあげることが重要になります。


今回のぎっくり腰に上腕三頭筋の緊張が深くかかわっているということです。


是非、参考にしてみてください。


「決めの一手」、まだまだありますので、また報告します!

病院送り!?

代表の橋本です。

昨日は、師匠のもとで、活法の勉強会の日でした。
活法7年目に入っていますが、ここにきて、さらに発見や気づきがあります。
本当に活法はおもしろい!


さて、師匠から病院送りにした患者さんの話を聞きました。



見た目でいえば、やりかねない(笑)




まさかの施術ミスか!?




違います...





経緯をお話します。

40代ぐらいの女性患者さん(看護師)

症状は、左側の腰部と下肢の痛みとしびれ。
10年ぐらい前からの症状で、ここ最近痛みがひどくなってきたため、師匠のもとへ。

師匠は、坐骨神経痛という判断から、黄金の腰痛パターン、そして坐骨あげ!!!

症状...消失!!! カンペキ

しかし、1時間後、家に帰宅するころになると、症状が元に戻ってしまう。

そんなことが、2回続いたそうです。

0から100への繰り返し、不思議に思った師匠は、迷わず病院に行くように指示。

結果...腰椎に嚢胞ができていたとのこと。

さすがにこれでは、活法でもどうにもならない。

師匠の素早い判断で症状の根源が発覚し、逆にたいへん感謝されたということです。

それにしても、腰椎に嚢胞ができているにもかかわらず、2回施術した直後には、症状が消失、こんなことがあるのでしょうか?

不思議ですね...

師匠の20数年の施術歴で、病院送りにした4人目の症例でした。

患者さんのためを思えば、無理をせず、時には施術をやめる勇気も必要ですね!






セミナー参加者の臨床報告 Part3

いつもありがとうございます。
活法研究会 橋本聖樹です。

先日開催した肩こりセミナー参加者から、またまた嬉しい報告が。
F.M(静岡県)さん
+++++++++++++++++++++++
肩こりセミナーありがとうございました。
筋肉痛のほどよい疲れの中 翌日から早速びっくりです。

30代後半の男性、営業で一日車の運転、不整脈もあり左の肩井あたりから肩甲骨内縁まで盛り上がるように凝っている。鍼灸でも大分とれたのですが肩井あたりの凝りがまだ残っている。

「これは1回ではなかなか取れないですね〜」と話しつつ最後に坐骨切りをやってみたところ見事最後まで残った凝りが文字通り消えてなくなってしまった。

患者さんもかなりびっくりで「今のなんなんですか??」と聞かれたため「ずっとクルマの運転で座っているのも関係してましてね・・・・」と10年選手のように解説し(内心かなり自分自身もびっくり)ました。


その奥さんも鞭打ちで来院中なのですが導引とかすみで頸の痛みの軽減と可動域がかなり拡がりびっくりしてました。

その後も通常の治療でとりきれない部分でかなり効果を発揮してます。まだベット上で出来る手技しかしてないので今後どう治療に組み込んで行くか模索中ですが早速の効果にまた治療が楽しくなっている自分がいます。

他の部位のセミナーもぜひ受けたい!今後ともよろしくお願いします。
+++++++++++++++++++++++
ほんとうに、鍼灸師にとって大きな武器になります!!!

治療のお供にいかがですか?

ありがとうございます。

活法研究会 橋本聖樹


腰痛治療、失敗。

副代表の栗原です。

あれは、2ヶ月ほど前の出来事です。
70代の農業を営む女性(以下、Iさん)。息子さんに連れられてやってきました。

腰が痛くて脚が主だるいというのが主訴でした。
数メートルなら、なんとか歩ける程度で日常生活も難しい雰囲気でした。

詳しい話を聞くと、突然襲う激しい痛みに恐ろしいということでした。動き始めに出るそうです。
腰に負担がかからないように、施術室に入り施術を始めたのです。

活法です!

技のキレは上々(自分なりに)。
ほんの10秒くらいの技で、腰の重さがスーっと引いていきました。Iさんもビックリしながら喜んでいます。「でしょ、活法ってスゴイでしょ。」と心の中で思いながら、顔にはあまり出さず技を続けます。そして、一段落したところで、「ちょっと動いてみて下さい」といつもの調子で患者さんにお願いしました。

次の瞬間、予想もしなかった事態が起こりました。

「痛たっ!!!」

Iさんの表情は険しく、苦しがっています。活法をやっている間には、こんな痛みは出ませんでした。実は、この激しい痛みが今回の主訴。これを何とかしてほしい、というのが患者さんの要望でした。この痛みが数日前から出現し、安静にしているのに、全く取れないということなのです。

こんなに痛いのではやり直し。
予想していなかった状況に焦りました。本当は、ここで「お、ラクです〜」という言葉をいただこうと思っていたのです。状況をリカバリーしようと、活法や鍼で再び使い出しました。しかし、結果は同じ。激痛が出てしまいます。よい変化は、脚が軽くなったことだけ。深追いが禁物、と主訴が変化しないまま、帰っていただきました。

2日後、Iさんが再びやってきました。
感想を聞くと、あの激痛はそのままであるとのこと。私の技術は症状に届いていません。脚が軽くなったのは嬉しいという事でしたが、主訴に変化がない状況で喜ぶことはできません。

この日の施術もいつもの調子で。
しかし、やはり激痛に変化はありません。

おかしいと思った私は、Iさんに病院での検査をすすめました。「検査の結果がわかってからまた治療しましょう」ということで通院をやめていただいたのです。

それから、しばらくしてIさんの息子さんから連絡が入りました。そこでようやく、あの激痛の原因がわかりました。腰椎の骨折だったのです。Iさんは入院中。激痛は取れなかったが脚が軽くなって喜んでいる、という報告をいただきました。

活法でウンともスンともいわない腰痛。
その正体は骨折だったのです。

いかに碓井流活法でも骨折は相手が悪いです。ただ、見逃せないのは、骨折していても活法の技はOKだったという事実。技をかけている最中に患者さんは激痛を訴えなかったわけですから、患部への負担は極めて少なかったと断言できます。

私がおかしな腰痛だと思ったのは、活法をやっても手応えがなかったことです。痛みが完全に取れないにしても、軽減するという変化はたいていの場合あるものです。にも関わらず、激痛に変化なし。患者さんを不安にさせてはいけないと思って、「もしかしたら、骨に原因があるかもしれません」と伝えていたのですが、それが的中しました。

自分の手に負えないと判断する際に、自分の腕を把握していないとできません。もし、駆け出しの時代であったら、この患者さんの施術を2回で終わりにできたかどうか…。極めれば、最初に触れただけで骨折を見抜けるのかもしれません。2回でなく1回で病院の検査をすすめられたのかもしれません。私が1回で「骨折だろう」と考えなかったのは、活法の手技を施した後は、動作が格段によくなっているため、翌日に劇的な変化をみせる場合も多いからです。「おかしい」と思いつつも1日くらいは様子をみていただこうと思ったのです。

碓井流の腰痛治療は、腰痛治療の黄金パターンと言われています(身内と受講生の間だけですが)。
でも、骨折には歯が立ちませんでした。

「黄金パターンでどうにもならなかったら、病院での検査をすすめる」というのも、ある意味で黄金パターンになり得るのではないでしょうか。うまくまとめさせていただきました(笑)
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール

活法研究会事務局

活法研究会事務局です。鍼灸師のために古武術医方「活法」のセミナーを行っています。このブログでは活法の魅力に迫ります。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ