活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

セミナー

活法は贅沢品なのかもしれない

副代表の栗原です。
今回は、当会セミナーの特徴についてお話します。

活研_20130421_マル秘(下半身)

活法研究会は、業界No.1のクオリティでありたいと考え、カリキュラムを作成しております。活法研究会が目指すクオリティとは、次の3つに集約されます。

1.技術を楽しめること
2.すぐに使える技術であること
3.仲間ができること



それでは、詳しく説明しします。

1.技術を楽しめること

できるようになったら楽しそう」という気持ちが技術を引き上げると考えております。患者さんに対して、直接的に「楽しい」という言葉は使いにくいとしても、私たち医療者の心の中にある「楽しさ」は否定できません。楽しいからこそ、この仕事を続けているわけですし、将来も続けていこうと思うわけです。

もし、「最近、楽しくないなぁ」と思っているのであれば、技術が足踏みして施術がマンネリ化していることを疑う方がよいのかもしれません。新しい技術を会得すること自体に楽しみがあり、その技術を使って喜ぶ患者さんを見ることも楽しみです。

活法研究会のセミナーは、笑顔の数で勝負しています。まずは講師から。でも、がんばって笑顔を作っているわけではありません。活法が心底好きなので、活法の話題になると勝手に笑顔になってしまうのです。活法が好きかどうか、という勝負では負けたくありません。しかし、会員さんには強敵が多いので気が抜けません(笑)

2.すぐに使える技術であること

活法は難しいとも言えますし、簡単とも言えます。活法のよいところは、技量に応じて効果がある、ということです。少なくともカタチが出来ていれば、それなりの効果が出てしまいます。型が重要なのです。体験セミナーや入門セミナーでお伝えできるのは型です。

私たちが伝えている碓井流活法には型があります。型のおかげで誰でも習ったその場で結果を出せるのです。碓井流活法は、マネさえすれば誰でも結果が出るテクニックなのです。

私たちが、すぐに使える技術にこだわる理由は、遠回りしてほしくないからです。10年後の習得を目指して1から勉強するよりも、完成品から入ってほしいのです。即戦力を問われるこの時代、臨床で結果を出せる者にしか、実力を伸ばすチャンスは巡ってきません。

3.仲間ができること

矛盾するようですが、型をマネしただけでは活法の本質に迫ることはできません。本当の活法に出会えるのは、型に込められた意味を理解してからだと考えております。活法研究会の研究テーマの一つは、本質を知ることです。

本質を知るためには、仲間との切磋琢磨が必要です。もちろん、日々の臨床に多くの気づきがあるはずです。一人でこもってやっていたのでは、多くの気づきに出会うことができません。気づきを共有することで、10倍も100倍も速く本質に近づけるのです。本当に面白いのは、ここから先です。

「気づきを共有できる場所」をつくることも活法研究会の大事な仕事です。

--

■こだわりは譲れない

No.1を目指すが故に妥協していないことがあります。

それは料金です。

活法研究会はボランティア団体ではありません。講師は仕事として活法を伝えています。無料で教える方が気が楽です。責任がないからです。

あえて、私たちはプレッシャーを自らに課して仕事しています。そのプレッシャーの中で楽しめる余裕を持ちたいと思っています。それができてこそプロだと思っております。

もちろん、プロ意識を高めるための受講料ではありません。そもそも、私たちが持っている技術はタダで手に入れたものではありません。さらに、仕入れた技術を、わかりやすいように分析し、実用的な組み合わせになるようにパッケージしています。こうした作業にも多くの労力を費やしています。

こうした仕事に見合う料金を妥協なく提示させて頂いております。「高くて払えない」と断念されてしまう方が多いのことを知っています。しかし、現在のクオリティを保つためには妥協できない点なのです。受講者には、このクオリティを高く評価して頂いております。入門セミナーからの基礎編までのリピート率が極めて高いことがその証拠です。

もしかしたら、活法は贅沢品なのかもしれません

活法を知らなくても鍼灸師はやっていけるはずです。しかし、活法を知ってしまうと、活法を取られたら鍼灸師をやっていけなくなってしまうのです。それは、活法が単なる手技療法ではないからです。一度習得してしまうと、鍼をするにしても灸をするにしても、活法はあなたの中に存在してしまうのです。

恐ろしいと思ったら活法には手を出さないでください(笑)

気をつけたいノウハウ中毒

副代表の栗原です。

2012年も終わりを迎えようとしています。
活法研究会は、おかげさまで丸3年を通過し、ただいま4年目を進行中。

もっと古いと思っていました

と言っていただけることが多いので、信頼に対する評価だと勝手に解釈して喜んでいます。「古武術」のイメージからそう思われているだけかもしれませんが…。


■飛び交うノウハウ

昨今、治療技術や経営に関するノウハウが、ものすごい勢いで飛び交っています。立場上、できるだけ多くの情報に触れるように努力しています。知れば知るほど、中毒のように「もっと知りたい」という欲求が沸いてきます。私の症状はとっくに末期です。

冷静さが必要です。自らを戒める意味で今回の記事を書くことにしました。何事もそうですが、「知る」と「できる」は違う話です。

たとえば、ゴルフのレッスンDVDのようなもの、いっぱいありますよね。スキーが大好きな私はスキーのレッスンDVDを何枚も購入した経験があります。こうした映像に格納されているのって、いわゆるノウハウですよね。

「こうしたら上手になる」というコツのようなものです。人によって感覚が違いますから、自分に合ったDVDが必要だと思いますが、感性とマッチしたからと言って上達するとも限りません。

スキーなら、雪の上で実践してみないと理解を確認できませんし、理解できていたとしても、恐怖心や悪条件で無になります。私の場合は、情けないほど無です。よい意味での無になりたいです(笑)


■身体でわかる

ノウハウというのは、要点を濃密にまとめているものですから、頭では理解しやすいです。そのことと、身体で理解できることは同じではありません。

スポーツの世界では当たり前のことですが、治療家の場合、自分の位置を順位や点数で評価されることがないため、「出来ている気がする」が通用してしまいます。「自分流にアレンジした」と言えば、いくらでもごまかし可能です。

勘違いしないためには、自分の技術をさらけ出す場が重要だと思います。

活法研究会と歩んだ私の約4年は、否応なく自分の技術をさらけ出す場となりました。出来ることは「出来る」と分かり、出来ないことは「出来ない」と知りました。受講者の皆様に支えられ、本当によい経験をさせていただきました。


■勘違いをしない、させない

活法研究会は、創設時から「コーチング」にこだわってきました。現在でも「技術は手から手に」というポリシーを貫いています。これは正しかったと思っています。

確かに、書籍や映像で得られることはたくさんあります。否定するつもりはありません。ただ、そこに終着点を求めることはできないだろう、と強く思います。

活法研究会の講師陣の共通認識が一つあります。「見た技術はすぐに出来る」と宣言している治療家はすぐに信じませんん。本質を踏まえて実践する難しさをを知っているからです。講師の間で議論を重ねて得たコツでさえ、技術の本質からズレれていたことが何度もあります。

こんなことを書くと信用を損なってしまうかもしれませんが、技術の本質を追い求める限り、起こり得ると開き直っています。ズレは後から修正できますが、勘違いは一生背負います


■一人では上手くなれない

活法研究会が行っているコーチング、これは「ノウハウ提供」の類ではなく「教育」に近いと思います。「教育」と言っても、上から伝える場にはしたくありません。私たちはいつも一緒に学ぶ気持ちで接しています。活法について少しだけ経験が多いだけですから。師匠の技術を見ていれば、天狗になりたくてもなれません(笑)

どんなに才能があっても、テレビの前で一流のサッカー選手に育つことはありません。実際にボールを蹴らなければ、力の加減がわかりませんし、コンタクトの衝撃も経験できません。

治療技術も同じです。
才能だけでは無理です。

我々は、順位や点数で直接評価されることがないため、「出来ているつもり」が許されてしまいます。こういうリスクを防ぐためにも、コーチング主義は貫きます。

仲間に、教え、教えられ、育っていく場

活法研究会が創ってきたものは、これだと思います。
ずっと大事にしたいです。

鍼灸師のためのSEO対策

SEOの教科書

副代表の栗原です。

12月2日(日)は、「Web活用術セミナー」の講師を務めさせて頂きました。
座学を極限まで排除し実践的なセミナーを目標とする活法研究会としては、珍しい座学のみ

活法研究会らしからぬ、普通のセミナーです。
でも、本当は普通ではありません。Web屋でもなければ、コンサルタントでもない、ただの開業鍼灸師が講師を務めたのですから(笑)

自画自賛になりますが「Web情報の資産化」という切り口で、たくさんのヒントを提供できたように思います。普段はナイショにしている戦略や、普段は見せたくないデータまでお見せしましたから。

SEO(検索エンジン最適化)の考え方も、わかりやすく説明できたのではないかと自負しております。ただ、実践SEOとなると、ある程度はソースコードの知識が必要です。先日のセミナーでは、時間の関係でそこまで踏み込めませんでした。

フォローの一環として本日はSEOのオススメ本を紹介します。
最新の本がよいと思いまして、セミナー後、オススメできる本を調査しました。
良さそうな本が見つかったので、さっそく購入。今手元にあります。
一通り読んでみたところ大丈夫です。自信をもって紹介できる内容です。

これからはじめる SEO内部対策の教科書
瀧内 賢
4774152943


二千円で、実践的な方法を正しく学ぶことができます。
悪いことを教える本もありますが、この本は正攻法(ホワイトハット)を教えている良い本です。
上級者にとっても基本をおさらいできるはずです。私も勉強になりました。

高額セミナーへの参加をお考えなら、その前にこの本ですね。

ホームページの集客なんて面倒くさい! と思っている方へ

代表の橋本です。

突然ですが、告白します。

私は面倒くさがり屋です。

かつて私は、中国の中医学の師匠に、

中医学を1から学ぶにはどうしたらいいですか?

と尋ねた事がありました。

その時、師匠は答えました。

もし、中医学を1から学びたいのであれば、トラック数10台分の書物(しかも中国語)を読まなければなりません。なぜ研究をされて完成されているものを学ぼうとせず、1から学ぼうとするのですか?」と。

面倒くさがり屋の私が、やめたのは言うまでもありません(笑)


そんな私が碓井流活法に出会ったのは運命だったのかも知れません。短時間で即効性がある技術は、長時間の施術に飽きてしまう私にピッタリ。

その技術があまりにも素晴らしいので、みんなに伝えようと思い、活法研究会を設立しました。



何を隠そう、副代表の栗原も、面倒くさがり屋です(笑)

だから、彼はウェブで自動的に患者さんを集めようと考えました。
そして、本当に自動的に集客できるシステムを作ってしまいました。

開業から10年、予約の取りにくい鍼灸院であり続けています。

そのシステムを鍼灸師で共有しようと思い立ち、今回セミナーをおこなうことにしました。

それが、12月2日に開催します「鍼灸師のためのwebマル秘活用術」です。

もちろん、研究は現在も進行形です!
システム作りは、もう彼の趣味になっていると言ってもよいかもしれません(笑)

今回は、現段階での完成型をお伝えします。

あなたは、1から勉強する必要はないのです。
完成されたものを参考にすればいいのです。

それが成功への1番の近道です。

面倒くさがり屋のあなた、ご参加お待ちしています(笑)

鍼灸師のためのWebマル秘活用術

今回限りかもしれません。
まだ空きがあります。お早めに。

受講者の感想_02 骨盤回し(入門セミナー☆骨盤編)

副代表の栗原です。

今日も、私のPCの中から「活法のスゴさのわかる動画」をアップしました。


・・・

入門セミナーの1つに「骨盤編」があります。
昨今の「骨盤矯正」と言われるものを意識して組み立てたカリキュラムです。

碓井流活法では、「骨盤矯正」とは言わず「骨盤調整」という表現に統一しています。これには大事な理由があります。

「矯正」という言葉には、「正常な状態に直す」という意味がありますが、「相手の抵抗に逆らって」というニュアンスがあります。

歯の矯正をイメージするとわかりやすいのですが、「歯並びがよい」と仮定(設定)した方向に器具を使って力を加え続けますよね。歯の位置を動かそうとする力は“外力”です。

外力の必要性を否定するわけではありませんが、活法は内力にこだわっています。外から無理矢理な力をかけることは御法度です。「武術の裏技」なので「強い力を使うのだろう」と誤解されやすいのですが、強引な力の使い方を活法は嫌います。
良い状態に戻ろうとする、本来もつ力を引き出すのです。

その結果、こんな結果が出ます。

記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール

活法研究会事務局

活法研究会事務局です。鍼灸師のために古武術医方「活法」のセミナーを行っています。このブログでは活法の魅力に迫ります。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ