活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

呼吸

呼吸の話(5) 運動と呼吸

身体調整は呼吸を理解しないと始まらない


副代表の栗原です。
呼吸の話の最終回です。

ここまでの話のまとめ
----------------------------------------------------------------
(1)膨張と収縮
(2)経絡と呼吸(前編)
(3)経絡と呼吸(中編)
(4)経絡と呼吸(後編)
----------------------------------------------------------------

前回は、「経穴(ツボ)への鍼は呼吸調整の意図から生まれた」という話を書きました。今回は、呼吸と運動の関係について書きます。


■深呼吸ができる人、深呼吸ができない人

呼吸にとって重要な筋肉は横隔膜、そして外肋間筋です。ここでは呼吸の仕組みを詳しく解説することはしません。書いておきたいのは、呼吸はこの2つの筋肉だけではないということです。

深呼吸の女性

深く呼吸をするには、たくさんの筋肉の力を借りなければなりません。サポートしてくれる筋肉を並べて書いてみました。

  吸気時に補助する筋肉
   ・斜角筋
   ・胸鎖乳突筋
   ・肋間挙筋
   ・大胸筋
   ・小胸筋
   ・脊柱起立筋群

  呼気時に補助する筋肉
   ・内肋間筋
   ・腹筋

呼吸に関わっている筋肉がわかると、呼吸を整えるには、こうした筋肉を調整する必要性に気がつきます。一つ一つの筋肉の起始と停止をイメージして、順々にマッサージしてほぐしていくのも一つの方法です。


■呼吸筋だけでは呼吸にならない

私たちの活法では、呼吸に関わる筋肉を個別に観ることはしません。呼吸という一つの運動と見なします。筋肉単位ではなく運動単位で調整します。

人の体を観る上で大切だと思う視点は、

 斜角筋だけでは呼吸にならない
 胸鎖乳突筋だけでは呼吸にならない
 ・・・

ということです。つまり、一つ一つの筋肉が個別に働いたのでは呼吸にはならないのです。必要な筋肉が協調して動くから「呼吸」という運動になるのです。ですから、深い呼吸をさせようと斜角筋だけを緩めても、大きな成果は得られません。関連する筋肉を順々に緩めていけば、成果が出るかもしれません。

だとしても、筋肉の緊張を緩めるだけでは呼吸は深くなりません。深い呼吸のためには、関連する筋肉たちが協調して働く必要があるからです。


■姿勢が呼吸を深くする

私たちは、呼吸をはじめとする筋肉の協調関係を「連動」と言い表しています。すべての運動は連動によって成り立っています。

活法の目は、筋肉単位ではなく運動単位で観ます。運動単位で観られるようになると「連動」を利用した施術ができるようになります。

連動を使うためのヒントを書きます。呼吸を一つの運動として調整するには姿勢がポイントになります。息を吐きやすい姿勢、息を吸いやすい姿勢は何だろうか…と考えることが重要です。

呼吸が浅いということは、息を吐ききる姿勢が上手でない、息を思い切り吸い込む姿勢が上手でない、ということなのです。

活法研究会セミナーの一コマ


■活法と古武術鍼法

活法から生まれた古武術鍼法も基本的には同じように考えます。活法のように運動単位での調整ができます。冒頭に書いた通り、ツボからのアプローチがそもそも呼吸調整です。古武術鍼法のメリットは、ツボの性質を利用しながら、さらに運動単位で呼吸を調整できるところにあります。

古武術鍼法では、重律(じゅうりつ)という概念で、骨格連動系を整えていきます。古典的鍼灸との違いは次の図に示す通りです。

古典的鍼灸と古武術鍼法の共通点と違い

詳細は活法研究会サイトをご覧ください(古武術鍼法の特徴)。


■どんな場合であっても呼吸が基本

鍼であろうと整体であろうと、どんな流派であろうと、呼吸を整えることは健康づくりの基本です。この基本があるかないかで治療の奥行きと幅が決まると言ってもよいでしょう。

呼吸は、無意識に行われている運動でありながら、ある程度の範囲でコントロールもできます。循環、内臓、筋肉、関節のリズムと関わっている呼吸を制することができれば、最高のセルフコントロールになります。そういう分野を研究しているのは、このシリーズの最初で紹介した森田氏(呼吸の話1)です。

私の場合は、呼吸調整に長けているツボと、呼吸を運動単位で調整できる活法のよい面をそれぞれ利用しています。花粉症の治療など、古武術鍼法が生んだ得意分野が呼吸症状であることは偶然ではありません。

それぞれ追究している分野が違うようではありますが、こうやって整理すると、とても近く感じられて面白いです。


■活法を体験できる1日

2月と3月に、活法の世界を楽しむことができる「活法1日体験会」を行います。整体と鍼灸の二部構成になっていて、上半身編と下半身編を用意しました。

活法研究会(活法1日体験会)


もっと多くの鍼灸師に活法の術理を使って頂きたいので、体験会を開催しています。さまざまな流派の鍼灸師が集う勉強会です。新しい視点を手に入れるには最適な機会になると思います。

興味のある方は、定員(先着15名)になる前にお申込みください。

2月22日(日)東京会場 上半身編
3月1日(日)東京会場 下半身編 

活法研究会(鍼灸師のための古武術医方)
http://kappolabo.jp/

呼吸の話(1) 膨張と収縮

副代表の栗原です。
2015年最初の更新を担当します。

さっそく、紹介したい人物がいます。森田敦史という男で、私たちと同じ碓井流活法を学んでいる仲間です。私たちの活法研究会とは別で勉強会を主宰し、自ら体験や研究を「自己修養」としてプロに講習しています。同じ技術を学んでいても、受け取る者によって姿が変わります。これも活法の魅力の一つです。

私たちが行うセミナーでは、碓井流活法の形ができるだけ崩れないように留意して行っています。皆が同じ形を学ぶ技術を共有するためです。入門レベルとしては形を身につけることが最も重要だと思っています。「形から入る」のがわかりやすいです。

有形無形

突きつめていくと、一つ一つの形には意味があることに気がつきます。「なぜそういう形になるのか」に答えが見つからなければ、無形なものとして扱うことはできないと思います。冒頭で紹介した森田氏は、既に活法を無形なものとして自由自在に操っています。彼のブログを読むと呼吸の世界に引き込まれていきます。

私たちのセミナーでは「深呼吸は大事です」という程度で、そこから先に触れることはありません。骨、筋肉、関節、皮膚へどのように働きかけるべきか、力の伝え方やタイミングに重きを置いたセミナーになっています。整体術としての完成度を追究するためです。

これに対して、森田氏は「呼吸」と治癒力の関係を深く探っています。彼のアプローチは自己修養。つまり自分自身で治すための方法を追究しているのです。私たちとやっていることは大分違うのですが、彼が達している領域は、真の活法だと思います。「呼吸整体」というブランドになっているので、名前だけでは活法研究会との共通点はわからないのでしょう。

膨張と収縮

彼の考え方を端的に言い表すと、体内では「膨張と収縮」がリズミカルに発生しており、そのリズムと連動しているのが呼吸だと考えます。リズムが整っている時ほど、体内循環がよく、関節も中心が整っていると考えます。何かあっても休めば治るコンディションになると言うのです。

彼の仕事が見事なのは、「動き」「呼吸」「体内循環」の関係を「膨張と収縮」という言葉で整理し、それを実践的なメソッドに仕上げたところです。

自由に動ける身体も、疲れが取れる身体も、病気が治る身体も、「膨張と収縮」が環境に応じたリズムを刻んでいるかどうかだと説明しています。そして、そのリズムにダイレクトに介入できる動きが「呼吸」というわけです。

<森田氏のコラム>
 ・身体の膨張と収縮 その1
 ・身体の膨張と収縮 その2
 ・身体の膨張と収縮 その3

整体においても、呼吸を整える手技を施すことで、想像を超えた成果を得られることがあります。原因不明の微熱が簡単に治ってしまったりと…。呼吸調整で得られるメリットは計り知れません。呼吸の状態が治癒力と密接に関わっているのは整体の側からも間違いないことです。

鍼灸においても、呼吸の重要性を理解していると高い効果が得られます。活法から生まれた古武術鍼法は、主として「動き」の調整を行うメソッドです。鍼によって、肩甲骨や鎖骨の動きを改善させ胸郭がよく動くようになると深い呼吸になります。これも呼吸調整の一つです。

動きの調整を行うと、自然に内臓機能まで回復することを私たちは経験しています。「動き」と「臓腑の回復力」は関連していることは明らかです。

づづく…(経絡と呼吸(前編)

活法研究会
http://kappolabo.jp/
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ