活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

技術

活法マニアが2012年を振り返る

あなたが手にするであろう価値

副代表の栗原です。

昨日は、活法研究会の経営会議と忘年会を行いました。
2012年を振り返り、2013年の活法研究会を占ってきました。

2012年は、おかげさまで、発足後、最高の盛り上がりを記録しました。セミナーで出会った多くの仲間に感謝です。

活法の普及は確実に前進しましたし、実際に全国各地から嬉しい報告(患者さんが感動しました!という声)を頂いております。

残念なのは、そういう事実を共有しきれていないことや、発信できた情報が少なかったことです。せっかくのレポートを無駄にしないためにも、共有と発信の環境を整える重要性を感じました。

活法研究会の強みは、なんと言っても、卓越したテクニックを所有していることです。誰かの名人芸で終わることがないように、講師がテクニックを共有し、それぞれの視点からコーチングできるようにしています。講師全員が現場で実践し、テクニックの可能性と限界を頭と体で理解しています。

こんなことを書くと誤解を招くかもしれませんが、ハイパフォーマンスな技術がなくても、治療院経営は成り立つと思います。私自身がハンパな技術で5年間(活法と出会う前)やってきたのですから、間違いないです。

高度な技術はいらない」という結論ではありません。

活法導入前と後で明らかに変わったことがあります。患者さんの喜ぶ顔が増えたことは言うまでもありませんが、経営者の立場からもハッキリ変わったことがあります。

技術が高まるほど、経営戦略の幅も広がっていったのです。技術がなければ、狭い切り口で窮屈な経営を強いられてしまいます(窮屈だとわかるのは高度な技術を手にした後)。

施術の結果に感動している患者さんに語りかける言葉と、「う~ん」と首をかしげている患者さんに語りかける言葉は、同じであるはずがありません。極端に言いますと、感動している患者さんには、何を言っても正解になります(もちろん悪用などしませんよ)。

売上に満足している鍼灸師にも、活法をすすめる理由はここにあります。技術の幅を持つ者にしか見えない景色があります。もちろん、私にだって眺めることを許されてい景色があります。新しい景色が見たいからココにいます。

活法は「手技療法であって手技療法にあらず」です。治療や施術の概念をひっくり返してしまうパワーがあると思います。そのパワーは手から手に伝えるしかありません。

カタチだけなら、映像と解説で伝えられると思いますが、私たちが伝えたいものは、カタチではありません。あなたの患者さんが感動し、あなたも感動する。その感動を共有することが私たちの喜びです。

もし、活法研究会の技術DVDの販売を待っている方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。2013年も、物販による技術放出はありません。コーチングでしか伝えられないものに価値を感じているからです。

2013年は、新カリキュラムも登場です。
レディース活法に、応用編、たいへんお待たせしました!

1~3月は準備にたっぷりと時間を使わせていただきます。活動休止ではありませんから、その間も応援をよろしくお願いします。

2012年、本当にありがとうございました!
ブログは年内もまだまだ更新しますよ。

気をつけたいノウハウ中毒

副代表の栗原です。

2012年も終わりを迎えようとしています。
活法研究会は、おかげさまで丸3年を通過し、ただいま4年目を進行中。

もっと古いと思っていました

と言っていただけることが多いので、信頼に対する評価だと勝手に解釈して喜んでいます。「古武術」のイメージからそう思われているだけかもしれませんが…。


■飛び交うノウハウ

昨今、治療技術や経営に関するノウハウが、ものすごい勢いで飛び交っています。立場上、できるだけ多くの情報に触れるように努力しています。知れば知るほど、中毒のように「もっと知りたい」という欲求が沸いてきます。私の症状はとっくに末期です。

冷静さが必要です。自らを戒める意味で今回の記事を書くことにしました。何事もそうですが、「知る」と「できる」は違う話です。

たとえば、ゴルフのレッスンDVDのようなもの、いっぱいありますよね。スキーが大好きな私はスキーのレッスンDVDを何枚も購入した経験があります。こうした映像に格納されているのって、いわゆるノウハウですよね。

「こうしたら上手になる」というコツのようなものです。人によって感覚が違いますから、自分に合ったDVDが必要だと思いますが、感性とマッチしたからと言って上達するとも限りません。

スキーなら、雪の上で実践してみないと理解を確認できませんし、理解できていたとしても、恐怖心や悪条件で無になります。私の場合は、情けないほど無です。よい意味での無になりたいです(笑)


■身体でわかる

ノウハウというのは、要点を濃密にまとめているものですから、頭では理解しやすいです。そのことと、身体で理解できることは同じではありません。

スポーツの世界では当たり前のことですが、治療家の場合、自分の位置を順位や点数で評価されることがないため、「出来ている気がする」が通用してしまいます。「自分流にアレンジした」と言えば、いくらでもごまかし可能です。

勘違いしないためには、自分の技術をさらけ出す場が重要だと思います。

活法研究会と歩んだ私の約4年は、否応なく自分の技術をさらけ出す場となりました。出来ることは「出来る」と分かり、出来ないことは「出来ない」と知りました。受講者の皆様に支えられ、本当によい経験をさせていただきました。


■勘違いをしない、させない

活法研究会は、創設時から「コーチング」にこだわってきました。現在でも「技術は手から手に」というポリシーを貫いています。これは正しかったと思っています。

確かに、書籍や映像で得られることはたくさんあります。否定するつもりはありません。ただ、そこに終着点を求めることはできないだろう、と強く思います。

活法研究会の講師陣の共通認識が一つあります。「見た技術はすぐに出来る」と宣言している治療家はすぐに信じませんん。本質を踏まえて実践する難しさをを知っているからです。講師の間で議論を重ねて得たコツでさえ、技術の本質からズレれていたことが何度もあります。

こんなことを書くと信用を損なってしまうかもしれませんが、技術の本質を追い求める限り、起こり得ると開き直っています。ズレは後から修正できますが、勘違いは一生背負います


■一人では上手くなれない

活法研究会が行っているコーチング、これは「ノウハウ提供」の類ではなく「教育」に近いと思います。「教育」と言っても、上から伝える場にはしたくありません。私たちはいつも一緒に学ぶ気持ちで接しています。活法について少しだけ経験が多いだけですから。師匠の技術を見ていれば、天狗になりたくてもなれません(笑)

どんなに才能があっても、テレビの前で一流のサッカー選手に育つことはありません。実際にボールを蹴らなければ、力の加減がわかりませんし、コンタクトの衝撃も経験できません。

治療技術も同じです。
才能だけでは無理です。

我々は、順位や点数で直接評価されることがないため、「出来ているつもり」が許されてしまいます。こういうリスクを防ぐためにも、コーチング主義は貫きます。

仲間に、教え、教えられ、育っていく場

活法研究会が創ってきたものは、これだと思います。
ずっと大事にしたいです。

圧倒的な技術の差から見える景色

副代表の栗原です。

治療院を成功させるためには、技術が必要なのかマーケティングが必要なのか…。

これから開業される方、開業して頑張っている方、いろいろだと思います。すべての方に関心のあるテーマだと思います。

私は独立して10年になります。
まだ浅い経験かもしれませんが、鍼灸院経営と活法研究会講師を通じて得たことを書きます。

治療院が成功するためには

技術がなくマーケティングばかりを強化すれば、詐欺に近くなりますし、技術ばかりでマーケティングがなければ、その技術に社会的価値は生まれません。

言うまでもなく、「どちらも必要」というのが答えです。
では、技術とマーケティングの割合で最適なものはなんでしょうか。

あえて2つに分けるなら、

「技術主導型」と「マーケティング主導型」になると思います。

「技術主導型」とは、「できること」を高めていくタイプ。
「マーケティング主導型」とは、「求められていること」を探っていくタイプ。

自分にしかできないことを追究したいなら、技術主導型、
社会の要求に応えていきたいのなら、マーケティング主導型です。

技術×マーケティング

ちょっと言い方を変えると、

「技術主導型」は、マネの出来ない施術を得ようとするタイプ。唯一無二の技術を完成させ、その希少性に価値をつくることです。数より質が重視されます。

「マーケティング主導型」は、誰でも真似できる施術を得ようとするタイプ。誰にでもできるように技術をマニュアル化し普遍性を価値に変えていくことです。質より数が重視されます。

実際には、2つの間には無数の型があるでしょう。
説明しやすいように2つに分けただけです。



活法研究会の活動は、マーケティング主導型です。
名人技のエッセンスを抜き出を誰でもできるようにマニュアル化しコーチングしています。

本来であれば名人しか使うことができない技術を伝えているわけですから、受講者は、(地域では)唯一無二の技術を得ることになります。

「(この地域では)私の他にできる人はいません。」という態度を正々堂々と取ることができます。技術に裏付けされた自信を得ることでしょう。その余裕な態度に患者さんが集まってきます。

技術力からにじみ出る余裕。

この「余裕」が、技術主導型経営の核であると考えています。

誤解のないようように補足します。「技術があるぞ!」と威張ることではありません。むしろ、余裕のある人こそ、自然体に近いはずです。これぞ、私が目指す超自然体経営。

圧倒的な技術を得てからでなければ見えない経営です。

技術主導型の核

経営コンサルタントはこんなことをよく言います。
「技術の差は患者さんにわからない(だから、技術を追いかけても儲からない)」と。

一理あると思いますが、圧倒的な技術の前では通用しないでしょう。圧倒的な技術というのは、患者さんにとって絶対的な技術。代わりがないのです。

あなたを絶対的な存在にするのが圧倒的な技術差です。
技術差を活用したマーケティングがもっとも強いと信じています。

偉そうに書いてしまいましたが、「圧倒的な技術差」はまだまだ私の課題です。
生意気書いてすみません。


<facebookでの交流会のご案内>

facebookにアカウントとお持ちなら、ぜひ交流会グループへ。
活法や経営に関する「ここだけの話」を行っています。
活法のセミナーを一度でも受講された方は、参加することができます。
(参加してもいつでもやめられます)

活法研究会のfacebookページに「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/kappolabo
メッセージを送っていただければ、秘密のグループにご案内致します。
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ