活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

整体

鍼灸師のために何ができるか?

副代表の栗原です。

活法研究会は「鍼灸師のために何ができるのか?」を考えるところです。鍼灸師だけで整体を学べる唯一の勉強会です。

講師は全員現役の臨床家。一人一人が開業しています。開業鍼灸師の立場で、また、開業を目指している方の立場で何が必要かを考え用意しています。

セミナー後の集合写真

患者さんはわからない

高度な技術も、それを現場にどう活かすか、という点が欠けてしまうと本来のポテンシャルが引き出せません。カタチをマネしても思うような結果はなかなか得られません。それは、プロの料理人の調理法をテレビで観ても、同じレベルの味が出せないことによく似ています。プロもピンキリかもしれませんが、プロと素人の間には歴然とした技術差があります。

この差は、一般の方になかなか分かるものではありません。数日間の研修を受けた一般人が白衣を着れば、それなりに見えてしまいます。私たち鍼灸師は、そんな彼らと同じ土俵で勝負させられています。医療系の免許を持っていてもいなくても、「整体師」と名乗った瞬間に私たちと同列の扱いをされます。

鍼灸師が免許を持つ意味がどこにあるのでしょうか。あん摩マッサージ指圧師の免許を持っていれば、整体をするにしても「安全な施術ができる」というアドバンテージがあります。しかし残念ながら、患者さんにはわかりません(事故が起こるまでは)。

活法研究会代表(橋本)

圧倒的な整体術

そうすると2つの点で訴求するしかありません。一つは、受ければ誰でも違いがわかる質の高い施術です。免許を持たない整体師が「素人」だと思えるくらいの圧倒的な技術を身につけることです。言うは易く行うは難しです。

そのレベルに達するには、DVD教材をマネする程度では無理でしょう。「可能」と答えた方で一流だと思える人にまだ会ったことがありません。一流のスポーツ選手にはコーチがいるように、私たち鍼灸師も一流になろうと思ったらコーチとなる存在が必要です。

私にはコーチはいませんが、社内研修で自分の欠点を指摘してもらう機会があります。一人ではわからない欠点が次々と出てきます。施術というものは、スポーツのように勝敗をつけられませんから、ランキングもありません。ごまかそうと思えば、いくらでもごまかせます(一流でなくても一流のように振る舞うことは可能)。

活法研究会主任講師(秋澤)

鍼灸を自由に操る

鍼灸師には、鍼灸があります。鍼灸の免許を持たない整体師が絶対に入ってこられない領域です。鍼灸にしかできないことがアドバンテージになります。逆の言い方をすれば、整体もできることをするならば、鍼灸師である意味も存在する意味もありません。

またまた、言うは易く行うは難しです。鍼灸はとても難しい技術だと思います。患者さんの期待値も高いと思います。最後の砦にしている方も多いです。神秘的で魔法のような成果を出すことを要求されることもあります。

もちろん、魔法ではありませんから、どんな病気も怪我も一発で治ってしまうなんてことはありません。ですが、最初の施術で、何かに応えなければ、患者さんはその場で失望してしまいます。

「治る兆し」や「改善の兆し」を患者さんに感じて頂く必要があると思います。活法研究会では、最短で最小の労力で鍼灸を操れるメソッドと環境を提供しようと思っています。通常なら30年かかるところを、大げさではなく3年で同等レベルになれると信じています。

古武術鍼法セミナー風景(講師:栗原)<

一流を目指す者だけを襲う罪悪感

他人はごまかせても、自分だけはごまかせません。少なくとも一流の鍼灸師は自分をごまかすことはしないでしょう。

一流であるかないかに関わらず、誠実な鍼灸師であるならば、患者さんの期待に応えられないことが続くと罪悪感が生じるのではないでしょうか。食事も美味しくありません。

商売として考えるなら、自分を大きく見せて、たくさんの患者さんを集めて、何割かの患者さんによい結果が出れば、それで良いのかもしれません。

10人の患者さんを集めて10人の患者さんが満足することと、30人の患者さんを集めて10人の患者さんが満足することは、満足する患者さんの数は同じです。ただ、後者には満足しなかった20人の患者さんがいることを忘れてはなりません。

活法研究会に集う鍼灸師は、真面目な方ばかりです。10人の患者さんを施術したら、10人の患者さんに満足してほしい、と思っている方ばかりです。ある種の方には、理想論だと言われるでしょう。

それでも、理想を追いかけることはやめられません。

2つのセミナー

活法研究会では、整体セミナーと鍼灸セミナーがあります。
整体セミナーでは碓井流活法を、鍼灸セミナーでは古武術鍼法を提供しています。

・整体入門<腰痛編> 日程:10/19〜20 会場:東京
・古武術鍼法<脊柱編C日程> 日程:11/30〜12/1 会場:東京

初めての方でも参加可能です。

鍼灸師以外の方は、お問い合わせください。

人気セミナーの仲間入り!?

副代表の栗原です。

トワテックさんの取材を受けました!
そして、その時の話がトワテックさんのサイト(トワテックリサーチ)に掲載されましたのでご報告です。

突撃セミナーレポート
活法研究会副代表・栗原誠〜活法を“Kappo”にするために〜

トワテック取材時の写真(副代表 栗原誠)

活法研究会が何を考え何に向かっているのかをわかりやすくまとめて頂きました。活法に興味があるすべての鍼灸師に読んで頂きたい記事です。私自身が、まず活法を始めて鍼灸師という職業が楽しくなりましたし、整体というものに対する理解が深まりました。

整体と言われているものはたくさんあります。優劣を付けたり分類するのはとても難しいと思います。活法も整体の源流という位置づけですが、整体と言えば整体です。私が活法研究会で追究しているのは鍼灸師だからできる整体です。そして、整体を学んだからこそできる鍼灸です。その形がだんだんと見えつつあります。

唯一無二と言ってしまえばカッコイイのですが、どこの整体セミナーにも当てはまらず、どこの鍼灸セミナーにも当てはまらない、孤島のような状態です。ガラパゴスのように独自な進化をするのも悪くありません(笑)

最後に、突撃セミナーレポートの内容を簡単に紹介して終わります。
-----------------------------------------
・碓井流活法とは
・整体との違い
・活法は何をするのか
・セミナーを始めたきっかけ
・鍼灸師限定の理由
・他のセミナーとの違い
・受講者の年齢層
・受講者の反応
・活法研究会の夢と目標
-----------------------------------------

活法の第二ステージ

副代表の栗原です。
今日は、新たな決意を書きます。

■活法をブームで終わらせない

昨今、特に整体業界で活法が注目されています。活法研究会は鍼灸師だけの会だから無関係と言えばそんなことはありません。この活法研究会こそブームの火付け役であると自覚しています。

自意識過剰と言われるかもしれませんが、私たちが活動を始めるまで活法に注目している専門家は少なかったと思います。この活法研究会は、名前の通り活法の研究会です。

私たちのベースである碓井(うすい)流活法は、活法と碓井誠の特別な才能が化学反応を起こして生まれたものです。碓井流となる前の活法は整体の源流とも言われる技術です。そのため、中には時代にそぐわない技法も含まれています。

皮肉なことに活法の原点となった蘇生術は、現代で活かす機会はほとんどありません。碓井流の最大の特徴は、源流を継承しつつも、碓井独自の視点から現代人が求めるスタイルに発展させていることです。

今、「活法」と聞くと「整体術」の一つだと思われるかもしれませんが、そもそも、整体術は活法の中の一分野でしかありません。私たちはこの整体術にフォーカスしているに過ぎません。「活法整体」という言葉を使う人も増えていますが、細かいことを言えば「活法による整体」が正解です。


■活法のもつ世界観に注目してほしい

このように考えると「活法整体」は活法の一つの側面でしかありません。活法の世界観も含めて表現したいなら、「活法」とだけ表すことをオススメします。活法には、自然との付き合い方、人の関わり方、自分自身との向き合い方など、すべて含まれています。

大げさでもなく、活法は生き方を示してくれるものです。自立を目的としながらも誰かに助けてもらうことを否定はしません。だからこそ、整体術が成り立つのです。もし「何でも一人でがんばりなさい」ということであったなら、整体術は発展しなかったでしょう。

活法を整体テクニックの一つとしてとらえた瞬間に、活法の理解は永遠に不可能でしょう。生意気を論じている私も、活法を理解しているとは言えません。


■限定解除

鍼灸師限定で活動を続けてきた活法研究会。
このまま鍼灸師限定で歩んでいきます。

そのいっぽうで、活法を広く普及させたいという想いから、一般向けに整体セミナーを行っていくことを決めています。こちらは「活法整体学校」と名付け、活法研究会の姉妹団体として位置づけることにしました。

さらに、私が代表を務めるダイエットアドバイザー協会では、碓井流活法の骨盤調整を独自にパッケージ化し、「骨盤ラクル」というブランドで一般向けに広めることが決まっています。骨盤調整のダイエットへの応用は活法研究会発足当時から行っており、十分な成果を得ています。

碓井流活法が鍼灸師の世界からどんどん飛び出て行きます。ライバルも増えることでしょう。鍼灸師の存在を脅かすと私自身が恐れていた碓井流活法。鍼灸師限定としていた理由の一つです。

事情は、古武術鍼法の誕生によって変わりました。鍼灸師のアドバンテージをお約束できるようになったのです。そのアドバンテージは、準備中のはりきゅう施設「はりきゅうルーム カポス」で証明していく予定です。

活法研究会は活法研究の最高ブランドであり続けたいと思っています。

被災地で感じた活法の原点

活法研究会副代表の栗原です。

去る4月24日、活法研究会の講師と受講生のチーム4人で福島県いわき市に行ってきました。2箇所の避難所で「マッサージや整体します」と言いながらボランティアをしてきました。

被災地で改めて感じた活法の魅力。

短時間で大きな変化をもたらすことができる活法。多くの人に対応しなければならない場面で、この特長が際立つはずです。私たちが訪れた時間帯は、被災者も少なく4人のチームだったので、「多くの人に対応」という機会は訪れませんでしたが、活法の魅力を再確認するには十分な経験でした。

メンバーの一人に、入門セミナーの2コース(腰痛編、肩こり編)を修了した方がいました。私の横で施術していたので様子をみていました。私に比べると活法歴の短い彼がどんな施術をするのか、興味を持ちつつ、チラチラ見ていました(上から目線のような書き方でスミマセン)。

被災者のお一人に挨拶をしてから、数分後には「おっ!ラクだぁ」と声が上がっていました。5分も経たないうちに、次の被災者に。セミナーの受講生が、その後現場でどのように臨床を行っているのか、セミナー講師の立場からすると気になるところです。本当に意味で、活法を評価できる人は、患者さんだけですから。私たちが活法の普及に努めたくなるのは、患者さんの評価がとても高いからです。

なぜ、被災地で活法の魅力が際立つのか、それはルーツを考えれば当然と言えるのかもしれません。戦国時代に原形が生まれたと言われる活法。戦場で使えることを条件に生まれたのが活法です。

マッサージであっても鍼灸であっても、畳一枚のスペースがあればできます。そういう意味では同じです。決定的に違うのは、結果が出るまでのスピードです。触れた瞬間から変化がわかる活法。消毒の時間も必要ない活法。活法が、すべての面において万能であるとは言えませんが、スピードにおいては
ダントツを主張できるのではないかと思います。

普段の臨床でも、このスピードは患者さんにとっても施術者にとっても負担を減らします。たとえば、痛みの激しい患者さんは「今すぐ痛みをとりたい」と思っていることでしょう。短い施術で結果を出す方が喜ばれます。施術者にとっても負担が減ります。休憩するもよし、もう一人、もう二人と施術するもよし。

本日は、入門★骨盤編セミナー。

始まる前の雑談で、受講生の一人が写真をみせてくれました。GW、ボランティアで宮城県石巻市に行ってきたとのことでした。写真には、力仕事で体を痛めたボランティアのために、路上で活法を使っている様子が写っています。その写真に活法の原点があるように感じました。
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール

活法研究会事務局

活法研究会事務局です。鍼灸師のために古武術医方「活法」のセミナーを行っています。このブログでは活法の魅力に迫ります。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ