副代表の栗原です。
今回は、美しい姿勢について考えます。

■歪みの定義

女性の美しい姿勢活法が目指す良い姿勢は「真っ直ぐな姿勢」ではありません。ですが、真っ直ぐな姿勢が悪いという意味でもありません。活法で大切なのは「真っ直ぐな姿勢が正しい」と決めつけないことです。

「歪みが原因です」は、整体の世界では常套句です。

ここで言う「歪み」とはいったい何なのでしょうか。一般的に、「立った姿勢が曲がっている」、「寝た姿勢が曲がっている」と見た目を指していることが多いです。

碓井流活法では、「歪みのない状態」を「時と場合に応じた姿勢が取れる」と定義しています。裏返すと、歪みとは「時と場合に応じた姿勢が取れない」ことになります。簡単にいえば、「動きにくい」ことが歪みです。


■活法の目的

活法では、「動けるか、動けないか」に着眼しているので「見た目」を基準にすることはありません。活法の目的を一言で表してしまえば「動きやすい身体を取り戻す」ことです。動きやすく調整することで、さまざまな不調が回復します。すべての症状を「動きやすさ」を基準に診ることはできませんが、多くの症状が「動きにくさ」から生まれていることは間違いありません。

痛みはその代表です。多くの痛みの背景には「動きにくさ」が隠れているのです。内臓が関わる症状も、観察すると四肢の動きとの関係が見られます。

感覚的に理解して頂きたいのですが、「身体の調子が良い」というのは、自由にラクに動ける状態です。重さを感じず、思った通りに身体が動いてくれる状態です。脳で描いたイメージ通りに身体が動いているとき、肉体の存在を忘れることもあります。逆に調子が悪いときは、肉体の存在を必要以上に感じています。たとえば、胃は痛くなければ普段は存在を感じませんが、痛み出した途端に存在を感じます。


■姿勢は動きの一部

実際のところ、見た目に変化は起こるのでしょうか。結論から言うと、動きが変われば見た目も必ず変わります。見た目が変わる理由は簡単です。動きやすい姿勢になるからです。そもそも、姿勢というものは、「動きの一部」です。固まって動かないものは姿勢ではありません。

止まっているように見える姿勢も、次の動きに備える「動きの一部」と考えます。厳密な言い方をすれば、生きている以上、止まることはできません。手足の動きを止めても、呼吸をしている限り胸郭は動いてしまいます。皮膚も伸びたり縮んだりしています。起きている時も寝ているときも、生きているならば、動かない時は一時(いっとき)もないのです。

目的が、痛みの軽減であるならば、わざわざ姿勢の変化に注目する必要はありません。実際に、当会でも、変化の観察にかける時間はあまり多くありませんでした。しかし、この数年で状況は大きく変わってきました。多くの女性施術者から、活法の美容効果が報告されているのです。姉妹団体のダイエットアドバイザー協会では、姿勢の変化を観察しています。


■身体が求める姿勢

活法のように「動きやすさ」を追究した結果、二次的に起きている姿勢変化は意味深いものです。まず第一に、身体がその姿勢を望んだ結果です。誰かに強要されたものはなく、自らが選んだ姿勢であることです。第二として、「動きやすい」ことから行動が活発になり、所作がキレイになることです。魅力的に映ります。

次の写真は、活法によって起こった姿勢の変化です。大腰筋をはじめとするインナーマッスルに積極的にアプローチしたものです。Afterをご覧になるとき、リラックスして無理に背筋を伸ばしているような雰囲気がないことに注目してください。こうした変化は治療を目的とする施術者にとっても貴重な資料となるはずです。

10392398_666842356757674_1806885847495506163_n

活法研究会 http://kappolabo.jp/