活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

活法

鍼灸師が活法から学ぶべき間合いと心理術

副代表の栗原です。

2月19日(日)のセミナーは、技術顧問である碓井誠先生を迎えました。碓井流活法の創始者のワザを見たい、体験したい、という方が全国から集まりました。

一手で改善、幻の古武術整体 即効! これが活法(かっぽう)だ [DVD]


このセミナーは私にとっても大きな意味がありました。なぜなら、碓井先生のワザを見て、体験して、鍼灸師としての生き方が大きく変わったからです。碓井流の体験なくして、今の私はありません。

DVD発売記念 厳選21手完全マスター講座の様子(2017年2月19日)



■活法にあって鍼灸にないもの

活法に、鍼灸にないものを感じました。それは鍼灸が抱える大きな問題を浮き上がらせました。それまで鍼灸専門でやってきた私が活法に熱中したのは、その問題を解決できると思ったからです。しかし、鍼灸理論に活法のワザを当てはめてみても理解できませんでした。生まれも育ちも違うものが、いきなり溶け合うことはありません。

まず、活法は活法として理解し、とことん実践する。活法を使う時は、頭のてっぺんから足の先まで活法でなければならないのです。そうすることで、活法がだんだんわかってきます。

施術はもっと単純に考えてもいいんだ、と思えるようになってきました。それまでの私は鍼灸理論を難しいものだと思っていましたし、難しいことをやっていることに酔っていた気がします。簡単なことをわざわざ難しくしていたのです。本当に大事なのは、難しいことを簡単にすることです。

活法がまさにそれなのです。
鍼灸が見習うべきところは、単純化です。

単純化とは、理論を廃止することはでありません。理論をシンプルにしていくことです。ツボの使い方をシンプルにすることです。症状とツボの関係を明瞭にすることです。そうすると、難しい症状が簡単になっていったのです。

碓井誠の活法(座づくり)



■師のワザ

私が驚愕したのは、師であり会の技術顧問である碓井誠先生のワザです。初めて見て体験したのは10年ほど前です。その時のインパクトは忘れられません。

同じ体験をしてほしくて企画したのが、先日のセミナー「DVD発売記念 厳選21手完全マスター講座」でした。碓井流の濃い施術を受けてほしかったのです。そこで必ず何かを感じると思っていました。それが私と同じでなくてもよいのです。

私が注目したのは、空間の使い方です。患者(役)との間合いの取り方が鍼灸師とは全く違います。鍼灸の常識では、患者さんは寝て鍼や灸をされるのを待っています。動いていることはありません。しかし、活法は違います。動いている相手に仕掛けたり、仕掛けながら動かしたりします。

活法が相手にしているのは、運動している人体です。

鍼灸にも、鍼をしたまま動いてもらう「運動鍼」と呼ばれているものがあります。でも、これは鍼をしてから動くので、「鍼+運動」です。運動している人体を対象にしているとは言えません。

空間認識は、簡単にマネできません。ソムリエの味認識を簡単に真似できないのと同じです。卓越した空間認識力は、相手にワザをかけるのに最適なポジションにスッと入っていけます。入ってからの微調整も必要ありません。

DVDの撮影にはリハーサルはありませんでした。にも関わらず、師の立ち位置や座り位置は「そこしかない!」というところに迷わず入ります。DVDを購入された方は、そこに注目してもう一度観て頂きたいです。

慣れた弟子(撮影では私が受け手)が相手だからだろう、と思われるかもしれませんが、第三弾のDVDの受け手は、師の施術を受けるのが初でした。撮れた映像を見て本当に驚きました。

そもそも、活法は柔術の裏技です。

間合い次第で有利にも不利にもなります。鍼灸でも、施術しやすい距離感はありますが、相手が止まっているので、自分が動きやすい距離なのです。

活法では、相手も動きます。動く相手との絶妙な距離感。時と場合によって変化するので物差しで測れるものではありません。相手の空間を認識し、相手の動きを読む能力がなければ、最適な間合いを取ることはできません。

碓井誠の活法(腕枕)



■術者に操られるという不思議な感覚

活法にあって鍼灸にないものは他にもあります。それは術者に操られるという感覚です。とても不思議な感覚です。

術者に動きを誘導されているうちに、自然体になっていきます。誘導されるのは肉体だけではありません。意識まで誘導されています。むしろ、意識の誘導の方が本質に近いと考えています。

「誘導」は、相手の動きの選択肢をさりげなくとってしまうことです。だから迷わず動けます。とても面白いロジックです。

たとえば、マジシャンは観客が自分の視線と同じ方向を追うことを知っています。それを利用して死角を作りタネを仕込みます。活法でも、同じことを利用します。術者の視線だけで相手の視線も姿勢も変わります。

活法は心理学的に理に適っていることをやっています。当然と言えば当然です。活法は武術の裏技として生み出されたワザだからです。肉体の動きを知り尽くした武術家がいて、駆け引きを知り尽くした武術家がいたのです。活法は究極の心理術とも言えます。

「良くなっているのは心理的に生じる錯覚だ」と(批判っぽく)言われることもある活法。むしろ、それは本質をついているのです。錯覚をも巧みに利用してしまうのが活法。不思議な体験ができるのは当然です。もちろん、体の使い方にも長けていることが前提です。

だから、活法の名人がスゴくないはずがないのです。

碓井誠の活法(綱引き)


■もっと魅力を知りたい時におすすめな記事(外部)

◎「人生の幸せは達人に学べ!!」(活法研究会会員 谷地先生のブログ)
◎「コツと技術〜活法と合気道」(活法研究会会員 小松田先生のブログ)


■求人情報(鍼灸師2名)
活法に興味のある鍼灸師を募集しています。
詳しくはこちら≫採用情報

◎関連施設
養気院(群馬県伊勢崎市)
カポス(東京都港区/品川駅)

鍼灸師採用情報大

完成に7年を費やした整体カリキュラム

活法研究会、設立は2009年。
 
整体セミナーの応用☆下半身編で、活法整体カリキュラムが完結。
活法研究会の事業はセミナーではありますが、それは同時に口伝の技術をカリキュラム化することでした。


活法研究会のカリキュラム


どうしたら、この技術の価値が伝わるのか、どうしたら上手に使えるようになるのか、試行錯誤の連続でした。大事に大事に育てたかったので、規模よりも密度を重視したセミナーを行ってきました。じっくりコトコト煮込みながらの作業。全カリキュラムを完成させるまで7年を費やしたことになります。


DSCF0879


たくさんの鍼灸師がここで学んできました。開催したセミナーは数えきれませんが、その数では決して計れない価値が生まれました。

私たちの財産は、受講してくださった皆様のお一人お一人が生んだドラマだと思っています。そのドラマに立ち会えたことが嬉しくてたまりません。やってきてよかったと心の底から思います。

カリキュラムは、会の活動を支える受講者や会員さんの存在がなければ、完成することはありませんでした。特別な感情がこみ上げてきます。


DSCF0732_512


今月から対象が柔道整復師に広がり、さらに多くの価値と予測不可能なドラマが生まれることは間違いないでしょう。活法研究の最大コミュニティとして、さらに充実させていきたいと思います。これからです。

(副代表 栗原誠)

整動鍼の魅力を『秘伝』が伝える

副代表の栗原です。

「整動鍼™をご存じでしょうか?」

と言ってみたものの、生まれたばかりの言葉なんです。使い出したのは昨年末です。それまでは「古武術鍼法」という名で通していました。古武術鍼法と整動鍼は全く同じ意味です。

でも、本当はニュアンスが違います。

「古武術鍼法」は「古武術整体」に対する言葉で、
「整動鍼」は「整流鍼」に対する言葉です。


■古武術整体と古武術鍼法

古武術整体とは、柔術の裏技として継承されてきた蘇生術や整体術です。発祥当時は蘇生術や整体術という言葉ではなく活法と言っていました。活法の反対語は殺法です。

古武術鍼法は、古武術整体(=活法)の考え方をベースに行う鍼法という意味です。

この古武術鍼法と整動鍼は同じ意味ですが、整動鍼は、従来の古典鍼灸を意識して付けた呼び名です。従来の鍼灸が「身体の流れを整える」ことを主眼とした治療であると仮定し、「整流」いう言葉で置き換え、「身体を動きを整える」ことを主眼とした治療を「整動」という言葉で表現しました。


活法研究


古武術鍼法と整動鍼は同じ意味ですが、古武術鍼法と言えば「古武術」が際立ちます。古武術整体の発想をヒントに生まれたことは間違いないのですが、古武術そのものではありません。また、古武術の実力とも関係ありません。現に、私自身が古武術の使い手ではありません。できるのは「古武術整体」のみです。

誤解をされないように、古武術鍼法の特徴である「動きを整える」という要素をそのまま表現し、「整動鍼」とすることにしたのです。この立場から見ると、従来の鍼灸は「流れを整える」という傾向が強いので「整流鍼」と(ある意味勝手に)呼ぶことにしました。

整流のど真ん中を歩む鍼灸家の目には、「整動鍼」は古典を無視しているように映ってしまうかもしれません。しかし、整動の世界は確実に存在しています。ツボには流れを整える効果と同時に、動きを整える効果があります。どちらも同じくらい健康を保つ上で重要です。


整動と整流


「整動」という概念は、まだ始まったばかりです。ですから、奇異な存在として見られているかもしれません。しかし、今だけです。すぐに「整動」という概念は無視できないものになります。そうなるように頑張ります!

動きを整えるというテーマは、流れを整えるのと同等レベルで重要なテーマです。整動鍼は、主流派から外れた傍流的な存在を意味するものではありません。とはいえ、まだ研究は始まったばかりですから少数派です。多くの鍼灸師に参加して頂きたい時期です。

ツボの整動効果を知ってしまった以上、具体的な運用方法を伝えずにはいられません。でも、慎重にならないと、ただの特効穴集だと思われてしまうので焦らないようにしています。


■『月刊 秘伝 3月号』の記事

昨年末、『月刊 秘伝』さんから取材のお話を頂きました。一般の方を含め、多くの鍼灸家に整動鍼を知って頂く機会になると思って喜んで協力しました。

鍼灸師のセミナーが武道・武術系の専門誌に取り上げられるという、希なことが起こってしまったのです。「古武術鍼法・整動鍼」という、イイトコ取りをしたタイトルになっているところはさすがです。

この記事は、私が書く以上に整動鍼の魅力を伝えています。あういう凛とした文章は私には書けません。「有り難い」の一言です。

『月刊 秘伝』の3月号は、全国の書店やAmazonで手に入るので、興味のある方はお手に取ってください。

『月刊 秘伝』2016年3月号


直接見たい方は当会主催の体験会に足を運んでください。古武術整体(活法)と、古武術鍼法(整動鍼)のどちらも体験することができます。「動きを整える世界」に誘います。

 活法研究会主催 1日体験会 上半身編(2/21)、下半身編(2/28)

ちなみに、先月発売となった『これが活法だ』は売れ行きが好調です。既に第二弾に向けて気持ちが動きはじめています。「幻の古武術整体」と名付けてあるのは大げさではなく、誰も継承せずに師匠が亡くなれば本当に幻となります。今のうちに映像に残していくのも重要な仕事です。リーズナブルな価格で提供していきたいと思います。

↓現在、Amazonで品切れです。

一手で改善、幻の古武術整体 即効! これが活法(かっぽう)だ [DVD]
B019H2790K

活法の肩こり治療はどうするのか

副代表の栗原です。

昨年の整体セミナーは「肩こり編」で終わりました。

活法研究会_整体入門セミナー肩こり編(2015年12月20日〜21日)
2015年12月20日(日)〜21日(月)



しつこい肩こり、どうすれば治るのでしょうか。
活法では、肩甲骨の位置を重視しています。

「肩甲骨がどこに位置しているのか」ではなく、「肩甲骨がどこに居たがっているのか」を重視します。脳が正しいと思っている骨の位置がズレているために、それを補正しようと筋肉に負担がかかっているのです。これを言葉だけで説明するのは難しいので、次のイラストを用意しました。

活法と肩こり


体には、位置感覚があります。手がどこにあって足がどこにあるのか分かりますよね。だから、手と足を間違えることはないですよね。これは極端な例ですが、位置感覚のズレはあちこちで起こってしまいます。自分が思っているところよりも、頭が前に出ていたり、手を真っ直ぐに挙げたつもりでも少し斜めだったり…。

ミクロな視点でみれば、脳が認識している位置と実際の位置にはズレがあります。それが支障のない範囲であれば健康的で不自由がありません。

骨は本来の位置にあるのが最も動きやすいので、 実際の位置がズレていなくも位置認識がズレていれば動きに鈍さが出ます。そうなると、今度は動きの中で正しい位置を探そうとします。筋肉が収縮して「こっちじゃないの?」と関節として動きやすい方向に戻そうとします。この筋肉の働きは無駄なものです。

この無駄な働きは筋肉の過緊張を生み出します。この感覚が「コリ感」です。

いわゆる「位置認識のズレ」から発生する「コリ感」や、実際に触れて感じる過緊張は、その筋肉を揉んでも解消されません。逆に言えば、揉んで解決できてしまうコリは、単純な筋肉疲労と言えます。

実際に位置認識を正常化させるためには、次のような技法を使います。写真でお見せすると、ただ肩甲骨を圧迫しているようにしか見えませんが、肩甲骨を“良い位置”に固定しながら患者役は肩甲骨と腕を動かしています。


DSCF7529_400


意図的に「寄せる」「上げる」という方向に位置を決めて固定いるのですが、これを強引に行うと相手の体に拒絶されてしまいます。ただ力と力がぶつかるだけで調整になりません。しっかりと固定しつつも、ふんわりと接するところに技術のポイントがあります。実は、術者がふんわりと固定すればするほど、患者役は肩甲骨が動きにくいという不思議な現象が起こります。

活法でいうところの「固定」は、「動かさない」という意味ではなく、その本質は「動きの中心を作る」という行為なのです。活法の肩こり治療を専門的に言えば、「動きの中での中心認識のズレ」を調整して、コリを解消させるものです。

このように活法の肩こり治療には理論的な背景があります。理論はこれだけではありません。骨盤との連動や上肢との連動を一緒に整えることも重要です。その話はまたの機会に。

次回の整体セミナーは「骨盤編」です(2月14〜15日)。
骨盤の動きを整えるセミナーで、幅広く応用できる内容です。

活法研究会_整体入門骨盤編のセミナーの様子(2015年8月9日)



■セミナーの日程のご案内

2月14日(日)〜15日(月) 活法整体入門☆骨盤編
2月21日(日) 1日体験会(上半身編)
2月28日(日) 1日体験会(下半身編)
3月6日(日) 1日体験会<柔整師・整体師対象>

美しい姿勢と活法

副代表の栗原です。
今回は、美しい姿勢について考えます。

■歪みの定義

女性の美しい姿勢活法が目指す良い姿勢は「真っ直ぐな姿勢」ではありません。ですが、真っ直ぐな姿勢が悪いという意味でもありません。活法で大切なのは「真っ直ぐな姿勢が正しい」と決めつけないことです。

「歪みが原因です」は、整体の世界では常套句です。

ここで言う「歪み」とはいったい何なのでしょうか。一般的に、「立った姿勢が曲がっている」、「寝た姿勢が曲がっている」と見た目を指していることが多いです。

碓井流活法では、「歪みのない状態」を「時と場合に応じた姿勢が取れる」と定義しています。裏返すと、歪みとは「時と場合に応じた姿勢が取れない」ことになります。簡単にいえば、「動きにくい」ことが歪みです。


■活法の目的

活法では、「動けるか、動けないか」に着眼しているので「見た目」を基準にすることはありません。活法の目的を一言で表してしまえば「動きやすい身体を取り戻す」ことです。動きやすく調整することで、さまざまな不調が回復します。すべての症状を「動きやすさ」を基準に診ることはできませんが、多くの症状が「動きにくさ」から生まれていることは間違いありません。

痛みはその代表です。多くの痛みの背景には「動きにくさ」が隠れているのです。内臓が関わる症状も、観察すると四肢の動きとの関係が見られます。

感覚的に理解して頂きたいのですが、「身体の調子が良い」というのは、自由にラクに動ける状態です。重さを感じず、思った通りに身体が動いてくれる状態です。脳で描いたイメージ通りに身体が動いているとき、肉体の存在を忘れることもあります。逆に調子が悪いときは、肉体の存在を必要以上に感じています。たとえば、胃は痛くなければ普段は存在を感じませんが、痛み出した途端に存在を感じます。


■姿勢は動きの一部

実際のところ、見た目に変化は起こるのでしょうか。結論から言うと、動きが変われば見た目も必ず変わります。見た目が変わる理由は簡単です。動きやすい姿勢になるからです。そもそも、姿勢というものは、「動きの一部」です。固まって動かないものは姿勢ではありません。

止まっているように見える姿勢も、次の動きに備える「動きの一部」と考えます。厳密な言い方をすれば、生きている以上、止まることはできません。手足の動きを止めても、呼吸をしている限り胸郭は動いてしまいます。皮膚も伸びたり縮んだりしています。起きている時も寝ているときも、生きているならば、動かない時は一時(いっとき)もないのです。

目的が、痛みの軽減であるならば、わざわざ姿勢の変化に注目する必要はありません。実際に、当会でも、変化の観察にかける時間はあまり多くありませんでした。しかし、この数年で状況は大きく変わってきました。多くの女性施術者から、活法の美容効果が報告されているのです。姉妹団体のダイエットアドバイザー協会では、姿勢の変化を観察しています。


■身体が求める姿勢

活法のように「動きやすさ」を追究した結果、二次的に起きている姿勢変化は意味深いものです。まず第一に、身体がその姿勢を望んだ結果です。誰かに強要されたものはなく、自らが選んだ姿勢であることです。第二として、「動きやすい」ことから行動が活発になり、所作がキレイになることです。魅力的に映ります。

次の写真は、活法によって起こった姿勢の変化です。大腰筋をはじめとするインナーマッスルに積極的にアプローチしたものです。Afterをご覧になるとき、リラックスして無理に背筋を伸ばしているような雰囲気がないことに注目してください。こうした変化は治療を目的とする施術者にとっても貴重な資料となるはずです。

10392398_666842356757674_1806885847495506163_n

活法研究会 http://kappolabo.jp/
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ