副代表の栗原です。

月刊『秘伝』5月号(2015年4月14日発行)の特集で、私たちが普及に努めている「碓井流活法」が取り上げられました。ぜひ、ご購入ください。

月刊『秘伝』5月号(2015年4月14日発行)


■秘伝の世界

取材に際して、我々活法研究会が協力させて頂きました。打ち合わせから始まり、施術のシーンの撮影では、代表の橋本がモデルとして参加し、最後に誌面のチェックまで行わせて頂きました。

8ページに渡って写真付きで、碓井流活法と創始者、碓井誠の人物について紹介されています。限られた誌面の中に碓井流の魅力を詰め込んでしまう書き手の手腕に嫉妬したくなります。ここで私がアレコレ説明するより、読んで頂いた方がずっと早いです。

秘伝5月号_碓井流活法特集


当会技術顧問の碓井誠を改めて説明します。紹介者のみを対象に施術を行い、メディアへの露出もほとんどなかったため、知る人ぞ知る隠れた名人です。こう言えるのもそろそろ限界かもしれません。

私たちの活動によって、鍼灸師を中心に活法の術理が広まっています。会員となって活法を学ぶ鍼灸師は全国で100名に達する勢いです。鍼灸師が学ぶべき項目の中に、「活法」が自然と入るようにすることが目標の一つです。


■活法と鍼灸師

私が活法とその術に触れたのは、7年前です。その年から翌年までの2年間、集中的に碓井流活法の手ほどきを受けました。その時の会を主催していたのが、当会代表の橋本です。この小さな会をきっかけに活法研究会が生まれたのです。

碓井流活法の練習をする栗原誠
(活法を始めた初年度の栗原の練習風景)

「この技術は鍼灸師と鍼灸に変革をもたらすことができる」という確信を得た私は、自らの臨床でそれを証明することを決意しました。活法と鍼灸の混合施術から始まり、現在では活法を鍼灸に活用するための理論構築に力を注いでいます。昨年からは、高い信頼性を得るために活法をベースとした鍼灸(古武術鍼法)のみを行う鍼灸院を品川にオープンさせ、2人の鍼灸師が実績を積み重ねています。

私は東京と群馬を往復しつつも、基本的には地元の群馬を拠点にして、活法と鍼灸の間にあるものを臨床を通じて探し続けています。


■好奇心と意地

私の好奇心に油を注いだのは間違いなく碓井誠という人物です。私の師匠です。活法を高次元で具現化する碓井誠のセンスに憧れ平伏しつつも、鍼灸家の意地で鍼灸にしかできない領域へ挑戦しています。その成果は実りつつあります。

私は、開業13年目を走り、活法歴は7年。

奥の深い世界ですから、自慢できるような長さではありません。しかし、可能性を語るには十分な資格があると思っています。活法は遠いところにあるのではなく、あなたのすぐ近くにあります。短期間で活法を体系的に学ぶカリキュラムを用意しています。

こちらは体験までですが、活法の可能性を探りたい鍼灸師には最適です。

・1日体験会(5月31日) http://u111u.info/k3bh