活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

腰痛

腸腰筋の研究−大腰筋と腸骨筋の連動を考える

副代表の栗原です。

教科書には載っているけれど、詳しい機能があまり知られていない腸腰筋の話です。
腸腰筋の理解を深めることで、次の3つのメカニズムがわかるようになります。

 1.姿勢の問題
 2.腰痛
 3.肩こり

それぞれに腸腰筋が関わっており、関わっていない場合でも、腸腰筋のような深層筋が深く関わっています。

インナーマッスルは、触れることができない体の奥深くに位置している筋肉です。インナーマッスルの中で最大級の筋肉は大腰筋です。腰椎から骨盤内を通って、股関節の内側に走る筋肉です。同じように股関節に内側と接続する腸骨筋と合わせて、腸腰筋と呼ばれています。

大腰筋腸骨筋

 ★腸腰筋
  └ ☆大腰筋(長い方、腰部から股関節の内側)
  └ ☆腸骨筋(短い方、腸骨の内側から股関節の内側)

腸腰筋の中でも、特に注目したいのは大腰筋の方です。その理由は、大きいからです。上端は胸椎の12番で、背中の方から骨盤を貫くように走り股関節の内側(大腿骨小転子)に届く長さがあります。これほど大きな筋肉であるにも関わらず、見ることも触れることもできません。意識しなくても誰でも使っています。

問題なのは、大腰筋の活動が低下しても、「大腰筋の問題」だと気がつかないところです。足腰が弱ってきた、という漠然とした感覚になってしまうのです。原因が漠然としていると対処しようがありません。活動低下がどんどん進んでしまうのです。老化が進んでしまう、と言い換えることができます。

大腰筋が特徴的なのは、反射的に働くことです。「力をギューと入れて…」と使うタイプの筋肉ではありません。伸ばされると、その反動で縮もうとする筋肉です。ですから、とても鍛えにくい筋肉で、トレーニングの穴になりやすいのです。表から見える筋肉をいくら太くしても、大腰筋が衰えていると、動きが若々しくなりません。

若い身体を保ちたいなら、大腰筋を無視するわけにはいきません。


■腸腰筋と姿勢の問題

姿勢にも深く関わっています。

大腰筋は、脚を後ろに引いた時に伸びます。この時、腰部に注目すると、脚を後ろに引くと、腰部が前の方に引っ張られて、いわゆる腰がそった状態になります。

大腰筋が衰えると縮んで硬くなります。すると、脚を後ろに引けなくなります。エビぞりもできなくなります。高齢になってくると腰椎の可動性が減るので“たわみ”が出なくなるため、大腰筋が縮むと、股関節を縮めて対応しようといます。その結果、前かがみ姿勢になりやすく「腰の曲がった」と言われる姿勢になります。裏返せば、大腰筋が活発であれば、腰椎が適度に刺激されるため腰椎の若さが保たれます。

身体を“反る”ことに着目してみると、大腰筋が重要ですが、逆に丸めようとする時に重要なのがハムストリングと呼ばれることが多い大腿二頭筋です。太ももの裏側の筋肉です。立位で前屈する時も長座で上体を倒しこむ時も、このハムストリングが突っ張ってきます。

 腰を反る  = 大腰筋(インナーマッスル)
 腰を丸める = 大腿二頭筋(アウターマッスル)

この2つの筋肉は拮抗する関係にあります。拮抗というと喧嘩しているみたいですが、実際には二つの筋肉が協力しあいながら引っ張いながらちょうどいいバランスにしているのです。ニュートラルな時の張力は均等が相応しいのです。厳密に言えば、バランス調整に関わる筋肉はこの2つではありませんから正しくないかもしれませんが、臨床上は、こうした理解で役立ちます。

たとえば、大腰筋に作用させたい時は、ハムストリングにアプローチし、逆にハムストリングにアプローチしたい時は、大腰筋にアプローチするのです。互いに力関係を合わせようとしますから、片方が緩めばもう片方が緩むのです。

直接触れることができない大腰筋に対しては、ハムスリングの調整が有効です。逆に、ハムストリングを調整するために大腰筋にアプローチしようと思っても直接的な刺激は困難です。しかし、問題はありません。古武術整体には、ハムストリングの性質を利用した手技があり、古武術鍼法には、ハムストリグに作用させるツボがあるからです。


■腸腰筋と腰痛

腸腰筋(大腰筋)の性質を知っていると、腰痛時の対処に幅が出ます。特に中高年の腰痛を分析する際には、欠けてはならない視点です。前屈、後屈で可動域制限がある場合、上記のように大腰筋とハムストリングの関係をチェックしておくことが大切です。大きな筋肉であるが故に、この2つの問題が存在していると、痛みが取れてもスッキリと解決しなかったり、頻繁に再発します。

腰痛予防にとっても、大腰筋とハムストリングの状態を整えておくことが大きな意味を持ちます。


■腸腰筋と肩こり

腸腰筋(大腰筋)は下半身だけの問題ではありません。

骨盤内にある腸骨筋(大腰筋、腸骨筋)は、脚の動きに深く関わっています。その脚は腕の動きと連動しています。四足歩行の動物にして考えると、骨盤から脚は後脚で、腕から肩甲骨は前脚です。

「前脚の異常=肩こり」

と考えれば、後脚である骨盤から脚の問題を放っておくことはできません。実際に多くの肩こりが下半身に原因があります。揉んでも治らない肩こりには、腰、臀部、脚のケアを意識することが大切です。


■大腰筋と腸骨筋の連動

この動画をご覧ください。弊社で作成した教材用の動画です。



脚を後方に振り上げると大腰筋が伸ばされ、収縮しようとします。ゴムのような弾力を体内で感じた後、脚は加速するように勢いよく戻ってきます。そのまま膝を高く引き上げようとすると、途中で腸骨筋のバトンタッチします。気がつかないようにバトンを渡すので、2種類の筋肉を感じ取るのは難しいでしょう。

大腰筋と腸骨筋は、大腿骨の小転子で一緒になっているので、一つの筋肉が二股に分かれているようにも見えます。構造的にも、2つの筋肉は連動して働くようになっているのです。この例のように身体は単独の筋肉を動かすように出来ていません。目的の動作のために、筋肉は他の筋肉と協調して働いています。

ですから、大腰筋に働きかけると腸骨筋にも作用が及びます。逆に、腸骨筋に働きかけると大腰筋に作用が及びます。このような理由で、この2つの筋肉は混同してしまいがちです。特に見かけるのは、腸骨筋の機能を大腰筋と勘違いしている例です。膝を高く上げる際に重要なの腸骨筋ですが、大腰筋の働きと解説されているものを多くみかけます。


■大腰筋の働きをチェックできる簡単な方法

スキップが上手にできるかどうかで、腸腰筋の状態を判断できます。もともと上手な人もいれば、そうでもない人もいるので個人差は考慮します。

スキップは、まさに腸腰筋のテストとトレーニングのために存在するような動きです。右脚で蹴っている時、大腰筋が引き伸ばされ、左脚は膝を高く引き上げるために腸骨筋が働いています。腸腰筋である、大腰筋と腸骨筋が同時に使われています。

右の腸骨筋を使って膝を高く上げるほど、左の大腰筋は伸ばされます。ですから、大腰筋の調子がよいほど、膝を楽に高く挙げることができます。こうした骨盤内の筋肉の動きを理解すると、スキップが、腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)を鍛えるよいトレーニングになることがわかります。


■大腰筋トレーニング

反射を利用した大腰筋トレーニングを3つ紹介します。もうお分かりのように、大腰筋を鍛えようと思ったら、膝を高く振り上げるだけでは思うようにいきません。大腰筋が活動したくなる姿勢に追い込むところがポイントです。弊社制作の動画です。出演は、会員の谷口一也さんにお願いしました。



活法研究会 http://kappolabo.jp/

腰痛治療、失敗。

副代表の栗原です。

あれは、2ヶ月ほど前の出来事です。
70代の農業を営む女性(以下、Iさん)。息子さんに連れられてやってきました。

腰が痛くて脚が主だるいというのが主訴でした。
数メートルなら、なんとか歩ける程度で日常生活も難しい雰囲気でした。

詳しい話を聞くと、突然襲う激しい痛みに恐ろしいということでした。動き始めに出るそうです。
腰に負担がかからないように、施術室に入り施術を始めたのです。

活法です!

技のキレは上々(自分なりに)。
ほんの10秒くらいの技で、腰の重さがスーっと引いていきました。Iさんもビックリしながら喜んでいます。「でしょ、活法ってスゴイでしょ。」と心の中で思いながら、顔にはあまり出さず技を続けます。そして、一段落したところで、「ちょっと動いてみて下さい」といつもの調子で患者さんにお願いしました。

次の瞬間、予想もしなかった事態が起こりました。

「痛たっ!!!」

Iさんの表情は険しく、苦しがっています。活法をやっている間には、こんな痛みは出ませんでした。実は、この激しい痛みが今回の主訴。これを何とかしてほしい、というのが患者さんの要望でした。この痛みが数日前から出現し、安静にしているのに、全く取れないということなのです。

こんなに痛いのではやり直し。
予想していなかった状況に焦りました。本当は、ここで「お、ラクです〜」という言葉をいただこうと思っていたのです。状況をリカバリーしようと、活法や鍼で再び使い出しました。しかし、結果は同じ。激痛が出てしまいます。よい変化は、脚が軽くなったことだけ。深追いが禁物、と主訴が変化しないまま、帰っていただきました。

2日後、Iさんが再びやってきました。
感想を聞くと、あの激痛はそのままであるとのこと。私の技術は症状に届いていません。脚が軽くなったのは嬉しいという事でしたが、主訴に変化がない状況で喜ぶことはできません。

この日の施術もいつもの調子で。
しかし、やはり激痛に変化はありません。

おかしいと思った私は、Iさんに病院での検査をすすめました。「検査の結果がわかってからまた治療しましょう」ということで通院をやめていただいたのです。

それから、しばらくしてIさんの息子さんから連絡が入りました。そこでようやく、あの激痛の原因がわかりました。腰椎の骨折だったのです。Iさんは入院中。激痛は取れなかったが脚が軽くなって喜んでいる、という報告をいただきました。

活法でウンともスンともいわない腰痛。
その正体は骨折だったのです。

いかに碓井流活法でも骨折は相手が悪いです。ただ、見逃せないのは、骨折していても活法の技はOKだったという事実。技をかけている最中に患者さんは激痛を訴えなかったわけですから、患部への負担は極めて少なかったと断言できます。

私がおかしな腰痛だと思ったのは、活法をやっても手応えがなかったことです。痛みが完全に取れないにしても、軽減するという変化はたいていの場合あるものです。にも関わらず、激痛に変化なし。患者さんを不安にさせてはいけないと思って、「もしかしたら、骨に原因があるかもしれません」と伝えていたのですが、それが的中しました。

自分の手に負えないと判断する際に、自分の腕を把握していないとできません。もし、駆け出しの時代であったら、この患者さんの施術を2回で終わりにできたかどうか…。極めれば、最初に触れただけで骨折を見抜けるのかもしれません。2回でなく1回で病院の検査をすすめられたのかもしれません。私が1回で「骨折だろう」と考えなかったのは、活法の手技を施した後は、動作が格段によくなっているため、翌日に劇的な変化をみせる場合も多いからです。「おかしい」と思いつつも1日くらいは様子をみていただこうと思ったのです。

碓井流の腰痛治療は、腰痛治療の黄金パターンと言われています(身内と受講生の間だけですが)。
でも、骨折には歯が立ちませんでした。

「黄金パターンでどうにもならなかったら、病院での検査をすすめる」というのも、ある意味で黄金パターンになり得るのではないでしょうか。うまくまとめさせていただきました(笑)

腰痛編セミナーを受講したら「オ〜!」

副代表の栗原です。

先日の腰痛編セミナーの感想がメールでやってきました!

「オ〜!」

という言葉がすべてを表していると思います。
そう、「オ〜!」なんです。
いつだって、活法は感動的です。

最初は、術者までその効果に驚いてしまうのが碓井流活法。
名人の気分をセミナーの翌日から味わえます。



■K.Tさん(愛媛県)さん
-----------------------------------------
早速、今日もぎっくり腰の患者さんが来られました。

慌てることなく、腰痛パターンを順番にしていくと
変化に驚くリアクションと立ち上がった時の痛みの変化に
私も患者さんも「オ〜!」

ぎっくり腰の患者さんが満足気に帰っていく姿を見るのは
初めてで、感動しました。
これから精度を高めるべく、日々練習していきます。

また、分からないことがあればメールします。
これからもよろしくお願いします。
-----------------------------------------

腰痛編セミナー☆受講生の感想

副代表の栗原です。

1月の腰痛セミナーに参加された方からメールを頂きました。ブログ掲載に快諾していただきました。印象的なのは、患者さんの「あれ?」という反応です。活法を学んだ方が必ず遭遇すると言ってもよいでしょう。

何をされたのか、何が起きたのか、活法の場合はわからないことが多いのです。意味不明なままラクになると、患者さんは一瞬混乱します。その表情を、こっそり楽しめるのも活法の魅力かもしれませんね。

<セミナー受講生からのメール>
■────────────────────■
先日は、腰痛セミナーでのご指導ありがとうございました。
食事会やその後でも楽しく、為になるお話を聞けてすごく嬉しく、大変勉強になりました。

さっそくセミナーの内容を施術に取り入れていますが、本日腰痛の新患さんがいらしたので、活法だけで施術するつもりで応じました。

端折りますが、膝裏・腹斜筋・梨状筋調整を行ったところ、結果は大成功でした!(^^)v
患者さんは「あれ?」という様子でした。
実は私も少々戸惑い、妙な沈黙が生まれかけましが、気持ちを落ち着けて施術前の動きを確認し、回旋時のつっかかりが残るようでしたので、腰椎の回旋を行い、改善を確認して終了しました。

今回は思い通り動いてくれる患者さんでしたので、助けられた感もありますが、活法に対する信頼感はますます上昇、私の活法には成功事例が一つ積み重ねられました。
これもすぐに施術に取り入れられるよう、先生方にしっかりとご指導いただけたおかげと思います。
今後も腰痛だけでなく、肩こりにもどんどん活法をして、精度を高めていこうと思います。
■────────────────────■


このメール以外にもたくさんの報告を頂いております。
成功した報告だけでなく、効果が薄かった症例もぜひご報告ください。何がいけなかったのか、みんなで考えましょう。
記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ