活レポ(活法研究会)

古武術整体「活法かっぽう」の症例報告とセミナー情報

集客

ホームページの集客なんて面倒くさい! と思っている方へ

代表の橋本です。

突然ですが、告白します。

私は面倒くさがり屋です。

かつて私は、中国の中医学の師匠に、

中医学を1から学ぶにはどうしたらいいですか?

と尋ねた事がありました。

その時、師匠は答えました。

もし、中医学を1から学びたいのであれば、トラック数10台分の書物(しかも中国語)を読まなければなりません。なぜ研究をされて完成されているものを学ぼうとせず、1から学ぼうとするのですか?」と。

面倒くさがり屋の私が、やめたのは言うまでもありません(笑)


そんな私が碓井流活法に出会ったのは運命だったのかも知れません。短時間で即効性がある技術は、長時間の施術に飽きてしまう私にピッタリ。

その技術があまりにも素晴らしいので、みんなに伝えようと思い、活法研究会を設立しました。



何を隠そう、副代表の栗原も、面倒くさがり屋です(笑)

だから、彼はウェブで自動的に患者さんを集めようと考えました。
そして、本当に自動的に集客できるシステムを作ってしまいました。

開業から10年、予約の取りにくい鍼灸院であり続けています。

そのシステムを鍼灸師で共有しようと思い立ち、今回セミナーをおこなうことにしました。

それが、12月2日に開催します「鍼灸師のためのwebマル秘活用術」です。

もちろん、研究は現在も進行形です!
システム作りは、もう彼の趣味になっていると言ってもよいかもしれません(笑)

今回は、現段階での完成型をお伝えします。

あなたは、1から勉強する必要はないのです。
完成されたものを参考にすればいいのです。

それが成功への1番の近道です。

面倒くさがり屋のあなた、ご参加お待ちしています(笑)

鍼灸師のためのWebマル秘活用術

今回限りかもしれません。
まだ空きがあります。お早めに。

小さな治療院がウェブを使って集客をする方法

代表の橋本です。
いつもありがとうございます。

本年度最後のセミナー、12月2日(日)に開催する「鍼灸師のためのWebマル秘活用術」。おかげさまで、ぞくぞくとお申込みをいただいております。ありがとうございます。


今日は、担当する当会副代表の栗原についてお話します。

栗原は自身の鍼灸院サイトを運営するだけでなく、当会サイトの運営全般も担当しています。他にもいくつかのサイトを運営しています。



◆栗原の実力

ウェブの専門家でもコンサルタントでもない栗原が、なぜ担当するのか不思議に思われているかもしれません。ですので、今回は栗原について説明します。

栗原の鍼灸院は毎日新規から電話が鳴り、いつも予約でいっぱいです。集客はウェブとクチコミのみです。彼の本当のスゴさは、新規の数では計れません。

彼の本当のスゴさはリピート率にあります。95%を超えています。次回のお誘いはいっさいせず、この数字です。患者さんの方から「次はいつ来たらよいですか?」と訊いてくるそうです。

それは偶然ではなく、勝手にリピートする理由がウェブサイトにあるからです。

予約も取りにくい彼の鍼灸院はこちらです。
はりきゅう養気院 


◆ブログも人気

彼の運営するブログは、患者さんだけでなく鍼灸師にも人気。アクセス数やランキングにおいて常に好成績です。活法研究会にも彼のブログのファンが多いようです。

鍼灸師のツボ日記


◆こんな方に、知ってほしい。

対象は個人経営の方。少数のスタッフで運営する鍼灸院には、これ以上の見本はないと思います。ただし、多店舗経営の経営者には向かない内容です。


◆さいごに

ウェブ集客は、戦略がとても大事です。

今回は、「経営コンサルタントにも気付かれたことがない」と栗原が言う仕掛けを、公開するように頼んであります。ブログには絶対書かない秘密をこのセミナーでこっそり公開します。今回きりの企画です。興味のある方は、今回を見逃さないくださいね。


◆お申し込み

コチラからどうぞ。

マル秘なテク+マル秘なWeb活用

代表の橋本です。

マル秘テクニック公開セミナーも恒例のセミナーとなってきました。このセミナーで活法の虜になった鍼灸師はそろそろ数え切れなくなってきました。

今日は、その中で[鍼灸師のためのウェブ“マル秘”活用術]を担当する当会副代表の栗原についてお話します。

では、まずはじめに、なぜ活法研究会のセミナーで技術だけではなく、ウェブの活用術をするのか?

いまでこそ、「技術の向上と集客は別物である」と言われていますが、10年ぐらい前は、まだまだ「技術が向上すれば、自然と患者さまは来る」という風潮がありました。

いまでも、それを信じている方々もおられます。。。

しかし、現在は、情報化社会となり、患者さまがウェブを使って治療院をさがす時代になりました。
そうなると、ウェブ上でいかに患者さまに支持していただくかが重要なツールとなってきます。

当会でも、休憩中などの会話の大半は、「集客について」です。

副代表栗原(以下 栗原)は、そんな10年前よりウェブを活用して集客をおこなっています。
※当時は、ウェブで集客なんてできるはずがないと周囲に言われていたそうです。

群馬の田舎でありながら、ウェブのみで集客に成功し、地域で圧倒的な人気の鍼灸院に成長させ、
予約が取れない治療院に発展させました。

しかも、鍼灸師でありながら、ウェブセミナーにも積極的に参加し、ウェブ業者との強いつながりがあります。
鍼灸師でこれだけウェブに詳しい人は珍しいと思います。
当然ですが、活法研究会のサイト運営は一任しています(笑)

技術を大事にする栗原が、技術と同じくらい大事にしているのが、患者さんへの情報発信。
彼曰く「ただ闇雲に情報発信してもダメ。ちゃんとルールがある」と。

圧倒的な技術(活法)に、ウェブ活用が機能すれば、あなたの治療院(鍼灸院)の繁盛は約束されたも同然!

是非是非、聞きに来てください!

このような方におすすめです。

情報が氾濫し、ウェブサイト、ブログ、facebook、twitter、何から始めたらよいのか、何を優先させたらよいかわからない方。

患者さんが集まる治療院(鍼灸院)にするために、どこにポイントを置けばよいのかわからない方。

彼が模索してきた成功術をオープンにします!

6月24日にお伝えします!!!


ご参加お待ちしております。




記事検索
活法研究会「鍼灸師のための古武術医方」
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ